TOPサーバ構築・運用> Unicenter Service Desk




最新!! サーバ運用管理ソリューション
最新!! サーバ運用管理ソリューション

第2回:専用クライアンソフトが不要なUnicenter Service Desk

編者:シンクイット編集部
協力:日本CA  国和 徳之   2007/10/12
1   2  3  次のページ
Unicenter Service Desk

   本連載では、各社から提供されているサーバ運用管理ソリューションを紹介している。第2回は、日本CAの「Unicenter Service Desk」だ。

「ITIL」に準拠したサーバ運用管理ツール

   Unicenter Service Deskは、ITサービスマネジメントのベストプラクティス「ITIL」に準拠したサーバ運用管理ツールである。

   ITサービス利用者からIT運用部門への問い合わせ受付からエスカレーション、障害のクローズ、問題・変更・構成管理、サービスレベル管理、ナレッジ活用まで、サービスデスク運用に求められる一連のプロセスに幅広く対応している。

   Unicenter Service Deskは100%Webベースで利用できるように作られており、専用クライアントソフトのインストールは不要な点が特徴だ。また豊富なテンプレートや、資産管理などと共有可能なCMDB(Configuration Management DataBase)があるため、導入してすぐ利用できる。

   運用責任者は部門の稼動効率や運用品質を定量的に分析・評価が可能で、レポート機能やダッシュボード機能を持つ。ワークフロー機能も標準で備えており、変更やリリースへの承認など、IT全般統制に求められるシステム維持プロセスの明確化、変更の承認、監査証跡などにより、内部統制を強力に支援してくれる。

Unicenter Service DeskはWebブラウザから操作可能
図1:Unicenter Service DeskはWebブラウザから操作可能
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   Unicenter Service Deskの特徴は表1の通り。

社名 日本CA
製品名 Unicenter Service Desk
製品名略称 CA Service Desk
製品URL http://www.ca.com/jp/servicedesk
管理範囲 アプリケーション管理
ネットワーク管理
ストレージ管理
ジョブ管理
資産管理
セキュリティ管理
サービス管理
サーバ管理
その他(記載) 上記のインシデント・問題・変更管理
ハードウェア要件
(メモリ、HD、CPUなど)
Intel x86 2Ghz以上、メモリ 2GB以上、HDD 1GB以上
対応OS Red Hat Enterprise Linux 5 ×
Red Hat Enterprise Linux 4 ×
SUSE Linux ×
MIRACLE LINUX ×
Turbo Linux ×
UNIX系 ×
Windows 2003 / 2000
その他 ×
価格 1管理者約45万円〜

表1:Unicenter Service Desk

   次に特徴的な機能について詳しくみていこう。

1   2  3  次のページ


日本CA株式会社 国和 徳之
著者プロフィール
日本CA株式会社  国和 徳之
マーケティング部 マーケティングマネージャー
独立系SIで受託開発やパッケージ開発プロジェクトなどを経てCAに入社。ストレージやシステムマネジメントのプリセールス、パートナー支援を経験した担当後、市場分析や製品企画を行うマーケティングへ。現在、ITILやITガバナンスをテーマとしたビジネスサービスマネジメント分野の市場啓蒙・プロモーションに従事。
http://www.ca.com/jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:専用クライアンソフトが不要なUnicenter Service Desk
Unicenter Service Desk
  導入の進むITIL
  適切な役割を持った担当者へ転送
最新!! サーバ運用管理ソリューション
第1回 知識がなくとも使えるClassCat Cute Server Manager
第2回 専用クライアンソフトが不要なUnicenter Service Desk
第3回 障害の見える化HP Operations Manager software
第4回 攻めの運用管理「IBMサービス・マネジメント」
第5回 全体統制型システム運用管理を実現する「WebSAM」
第6回 さまざまなニーズに柔軟に対応する「Senju Operation Conductor(eXsenju)」
関連記事
オープンソース統合監視ツール導入指南
いまさら聞けないサーバ管理入門
ITIL実践のポイント