TOPサーバ構築・運用> IBMサービス・マネジメント




最新!! サーバ運用管理ソリューション
最新!! サーバ運用管理ソリューション

第4回:攻めの運用管理「IBMサービス・マネジメント」

編者:シンクイット編集部
協力:日本アイ・ビー・エム  渡辺 義明   2007/10/25
1   2  3  次のページ
IBMサービス・マネジメント

   本連載では、各社から提供されているサーバ運用管理ソリューションを紹介している。第4回は、IBMの「IBMサービス・マネジメント」だ。

ITILに則ったシステム運用管理を実現する「IBMサービス・マネジメント」

   近年ではビジネスの成功にITの活用が不可欠になってきており、ITインフラをさらに効率的・効果的に活用し、高いITサービスを提供することがますます重要になっている。日本版SOX法や個人情報保護法など、さまざまな法令に準拠する上でも、整合性のとれたITインフラの活用が重要な鍵となる。

   しかしその一方で、多くの企業では「ITシステムの複雑さ」や「運用管理のコスト」に悩まされている。

   そこで注目を集めているのが、「システム運用管理のベストプラクティス」といわれるITILだ。そして、ITILに則ったシステム運用管理環境の構築サポートするため、IBMではTivoliを核とした「IBMサービス・マネジメント・ソリューション」を提供している。

社名 日本アイ・ビー・エム株式会社
製品名 IBMサービス・マネジメント
製品名略称 ISM
製品URL http://www.ibm.com/jp/software/tivoli/
管理範囲 アプリケーション管理
ネットワーク管理
ストレージ管理 ×
ジョブ管理
資産管理
セキュリティ管理
サービス管理
サーバ管理
その他
ハードウェア要件
(メモリ、HD、CPUなど)
Tivoli Service Request Managerアプリケーションサーバ要件
2個または4個の専用プロセッサ(800 MHz)
プロセッサ1個あたり2GBのメモリ
MaximoおよびJava/Webサーバコンポーネント用に1.5GB以上のディスクスペース
対応OS Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 4
SUSE Linux
MIRACLE LINUX
Turbolinux ×
UNIX系
Windows
その他  
価格 別途お問い合わせ

表1:IBMサービス・マネジメント

   次にシステム運用の現場での問題点と、IBMサービス・マネジメントが解決する問題についてみていこう。

1   2  3  次のページ


日本アイ・ビー・エム株式会社 渡辺 義明
著者プロフィール
日本アイ・ビー・エム株式会社  渡辺 義明
ソフトウェア事業Tivoli テクニカル・セールス & サービス
某国内大手ベンダーにて、顧客システム運用のエキスパートとして中堅、大手の多くのお客様のIT運用支援を手がける。2005年、ITILの資格認定である、ITIファウンデーションおよびITILマネージャーを取得。2007年、日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。現在に至る。
http://www.ibm.com/jp/


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:攻めの運用管理「IBMサービス・マネジメント」
IBMサービス・マネジメント
  システム運用の現場での問題
  サービス・マネジメント・プラットフォーム
最新!! サーバ運用管理ソリューション
第1回 知識がなくとも使えるClassCat Cute Server Manager
第2回 専用クライアンソフトが不要なUnicenter Service Desk
第3回 障害の見える化HP Operations Manager software
第4回 攻めの運用管理「IBMサービス・マネジメント」
第5回 全体統制型システム運用管理を実現する「WebSAM」
第6回 さまざまなニーズに柔軟に対応する「Senju Operation Conductor(eXsenju)」
関連記事
オープンソース統合監視ツール導入指南
いまさら聞けないサーバ管理入門
ITIL実践のポイント