TOP業務システム> MITでも使われているオープンソースのCMS (1/3)




PHPベースのオープンソースCMS「eZ Publish」

PHPベースのオープンソースCMS「eZ Publish」

MITでも使われているオープンソースのCMS!

著者:eZ Systems  豊島 麻里子

公開日:2008/1/7(月)

第3位 2008年1月の連載ランキング3位一覧を見る

オープンソースCMSといえば?

オープンソースのCMS(コンテンツマネジメントシステム)というと何を思い浮かべるでしょうか?

有名なところでは「Joomla!」や「XOOPS」があるでしょう。確かにこれらさまざまなWebサイトで使用されています。では、米マサチューセッツ工科大学(MIT)や米国海軍で使われているオープンソースのCMSをご存じでしょうか?

それが「eZ Publish」です。eZ Publishは仏ナショナル・ジオグラフィック誌や豪ヴォーグ誌、英・仏・伊エル誌などの出版メディアの公式Webサイトにも利用されています。


図1:eZ Publishが使われているWebサイト
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

本記事では、MITや米国海軍をはじめ、2,500以上の商用サイトで利用されているPHPベースのエンタープライス向けCMS「eZ Publish」を紹介します。オープンソースであるため、実際にダウンロードして使ってみることが可能ですので、実際にインストールして、その機能に触れてみてください。

まずは簡単にeZ Publishについて紹介しましょう。

eZ Publishとは

eZ Publishとは、GPL(GNU Public License)で公開されているオープンソースのCMSです。オープンソースということから、Joomla!やXOOPSと同じカテゴリ−に入れられることがありますが、実際に比較されているプロダクトはInterwoven(http://www.interwoven.jp/)や
FatWire Content Server(http://www.fatwire.co.jp/)などの商用CMSとなります。

ただし、eZ Publishは完全なオープンソースのCMSではありません。開発元であるeZ Systemsがプロダクトの保障をしているコマーシャルオープンソースです。ソフトウェア自体は無料で利用でき、eZ Systemsが提供するサポートサービス「eZ Publishソリューション」が有料となります(コマーシャルオープンソースについては、「コマーシャルオープンソースの波」を参考にしてください)。

PHPベース

eZ Publishは、PHPベースのCMSです。ダイナミックWebシステムにおいては、最良と考えPHPを採用しました。PHP界で有名なDerick Rethans氏が加わっており、開発が進められています。

また、開発当時はPHPが最良でしたが、用途によって最適なプログラミング言語を採用しています。例えば、検索エンジンエクステンション「eZ Find」ではJava Lucene Solrを利用しています。

では次に、eZ Publishの備える機能をみていきましょう。 次のページ


1   2  3  次のページ


eZ Systems AS 豊島 麻里子
著者プロフィール
eZ Systems AS  豊島 麻里子
2006年よりeZ Systems ASにてCountry Manager Japanを勤める。現在、本社のあるノルウエーより、日本パートナーとの協力の下、eZ Publishの日本展開を積極的に進行中。2008年中の東京オフィス設立を予定しており、日本でのCMSの普及に努めたいとしている。
http://ez.no/jp/ezpublish


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
MITでも使われているオープンソースのCMS
オープンソースCMSといえば?
  eZ Publishが備える機能
  eZ Publishのインストール