PR

富士通、アプリケーションサーバーソフトウェア「Interstage Application Server V11」を販売開始

2012年8月21日(火)

富士通は8月20日、最新のスマートデバイス用開発フレームワークに対応したアプリケーションサーバー「Interstage Application Server V11」を販売開始した。グローバルクラウドプラットフォームの「FGCP/S5」「FGCP/A5 Powered by Windows Azure」でも順次提供する。

Interstage Application Server V11は、スマートデバイス用開発フレームワークの最新版「jQuery Mobile 1.1.1」を組み込んだアプリケーションサーバーソフトウェア。スマートフォン、タブレット向けのアプリケーションを容易に開発できる。最新版となるInterstage Application Server V11では、Javaの最新規約Java SE 7にも対応し、Javaアプリケーションの開発生産性が従来比30%向上しているという。

最新規約のJava SE 7に対応するとともに、Java SE 6などの旧仕様による既存アプリケーションの動作を保証し、既存業務とJava SE 7による新規業務とが同一のアプリケーションサーバー上で共存、相互に連携できる。これにより、既存業務に手を加えることなく、さらにこれらと連携する新規業務を容易に追加することができ、柔軟かつ段階的な業務集約が可能となる。

競争力向上のための業務サービス短期構築に向けて「スマートセットアップ」を強化し、実行環境作成から業務アプリケーション配備、データベース接続、業務の起動まで、19手番必要だった業務構築の一連の作業を、1コマンドで行うことができる。作業の手順や設定が必要な項目は、適切にナビゲートされる。一般的なアプリケーションサーバーは、マニュアルの確認などを含めて数時間程度が必要となるが、Interstage Application Server V11では、マニュアルレスで最短15分で業務を構築でき、業務変更時のアプリケーションの追加、削除も容易に行うことができる。

標準価格は、Interstage Application Server Standard-J Edition V11(プロセッサライセンス)が55万円から(税別)。Interstage Application Server Enterprise Edition V11(プロセッサライセンス)は280万円から(税別)。クラウドサービスのFGCP/S5のオプションサービスとしても提供されるInterstage Application Server Standard-J Editionは月額2万7,500円から(税別)となっている。8月31日から順次出荷となる。

Interstage Application Server
http://interstage.fujitsu.com/jp/apserver/

ニュースリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/08/20-1.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック