PR

PanelとDataGridのドラッグ&ドロップ

2010年8月26日(木)
PROJECT KySS

「品番」と「品名」だけのデータをDataGridにドラッグ&ドロップし、詳細データを表示する。

次に紹介するのは、「品番」と「品名」だけの表示されたDataGridのデータを、別なDataGridにドラッグ&ドロップして、詳細データを表示させるものです。このサンプルで使用するDataGridDragDropTargetコントロールは、Silverlight 3のToolkitでも提供されていました。Silverlight 3のときは、DataGridのドラッグ&ドロップには、XAML内での名前空間の設定等が必要でしたが、Silverlight 4では、その設定は不要になっています。

実装する機能の動作は次の通りです。

左のDataGridDragDropTarget内にレイアウトしたDataGridコントロールに「品番」と「品名」表示し、このデータを、右のDataGridDragDropTarget内にレイアウトしたDataGridコントロールにDrag & Dropします。すると「画像」、「内容」、「価格」の追加されたデータが表示されます (図5)。

図5: 「画像」、「内容」、「価格」の追加されたデータが表示されている(クリックで拡大)

サンプル・ファイルはこちらからダウンロードできます。

VS 2010のデザイン画面上で、コントロールをレイアウトする

これまでのサンプル作成時と同様の手順で、新規Silverlight 4プロジェクト(プロジェクト名は「SL4_DataGDragDrop」)を作成してください。プロジェクトの依存関係も設定してください。

次に、画像のファイル名を記録したXMLファイル(リスト1)を追加します。XMLデータはLINQ to XMLで処理するため、「プロジェクト(P) > 参照の追加(F)」からSystem.Xml.Linqを追加しておきます。

ソリューションエクスプローラ内にImageというフォルダを作成して、画像も追加しておきます。ダウンロードされたサンプル・ファイルにはXMLファイル、画像は追加済みです。

リスト4: XML文書ファイル(udonData.xml)

UserControlのプロパティ内の[レイアウト]を展開して、Widthに800、Heightに600を指定します。次に「コモンSilverlightコントロール」のツールボックスからTextBlock、DataGridコントロール(2個)を、「すべてのSilverlightコントロール」内からDataGridDragDropTargetを2個レイアウトします。DataGridコントロールはDataGridDragDropTargetコントロールの子となるようにレイアウトしてください。左のDataGridコントロールの[共通]プロパティからColumnsの横にある[…]ボタンをクリックして、「コレクションエディター」を起動します。[Add]ボタンで、DataGridTextColumnを2個追加し、右に表示されるプロパティ内のHeaderに「品番」、「品名」と指定します(図6)。

図6: 2つのDataGridTextColumnを追加し、Headerプロパティを設定した(クリックで拡大)

次に、右のDataGridの設定を行います。先と同じ手順で「コレクションエディター」を起動します。今回は画像を1箇所表示させますので、DataGridTextColumnのほかに、DataGridTemplateColumnを1個追加します。図7の並びのように追加し、上から順にHeaderプロパティに「品番、品名、画像、内容、価格」と指定します。

図7:「画像」を表示させる位置にはDataGridTemplateColumnを追加する(クリックで拡大)

「コレクションエディター」でHeaderを設定するとヘッダの付いた、DataGridが表示されます。左のDataGridを選択し、[可視性]プロパティからをHeadersVisibilityにAllを指定します。列の先頭に1列選択列が追加されます(図8)。

図8: すべてのコントロールをレイアウトした(クリックで拡大)

書き出されるXAMLコードをリスト5のように編集します。

リスト5: 編集されたXAMLコード(Mainpage.xaml)

要素のBindingプロパティに「品番、品名、内容、価格」を指定します。これらの名称はVBコード内のクラスで定義したプロパティ名と同じである必要があります。要素(NameはtoDataGrid)のAllowDropにTrueを指定し、オブジェクトのドラッグ&ドロップを許可します(1)。

次に、「画像」Columnの設定を行います。要素内に、プロパティ要素を記述し、その中に要素を記述し、子要素として、要素を記述します。Sourceプロパティに{Binding 画像}と指定します。80×80サイズの画像をセル内に表示させるため、WidthとHeightには80を指定しています(2)。CellTemplateプロパティでは、編集モードでないセルの内容を表示するときに使用するテンプレートを設定します。

「内容」Columnの設定を行います。要素内に、プロパティ要素を記述します。ElementStyleプロパティでは、編集状態ではないセルに、列で表示される要素のスタイルを設定できます。

「価格」Columnの設定を行います。要素内に、プロパティ要素を記述します。

ロジックコードを記述する

リスト6のようにロジックコードを記述します。

リスト6: ロジックコード(MainPage.xaml.vb)

XML to LINQでXMLを処理するクラスの含まれるSystem.Xml.Linq名前空間を読み込んでおきます。

udonInfoクラス内に「品番、品名、画像、内容、価格」のプロパティを定義しておきます。

udonInfoクラスの新しいリストとして作成するmyUdonInfoメンバ変数を宣言します。同じく、udonInfoオブジェクトの新しいリストとして作成するmyUdonInfo2メンバ変数を宣言します。

■ページが読み込まれた時の処理

XElement.LoadメソッドでXML文書ファイル(udonData.xml)を読み込みます。読み込んだXML文書から、要素のコレクションを取得するクエリ(udonQuery)を定義し、実行します。クエリコレクション内を反覆処理しながら、udonInfoクラスの各プロパティ(「品番」、「品名」、「画像」、「内容」、「価格」)に、、、要素の"イメージ"属性、、要素の値を追加します。fromDataGridコントロールのItemsSourceにmyUdonInfoオブジェクト指定します。左のDataGridコントロールに「品番」と「品名」のXMLデータがバインドされて表示されます。

■右のDataGridDragDropTargetコントロール内のDataGridコントロール(toDataGrid)にデータがドロップされた時の処理

toDataGridコントロールのItemsSourceプロパティにmyUdonsInfo2オブジェクトを指定します。

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています