PR

WCF+Silverlightで作るリアルタイムWeb(後編)

2011年3月22日(火)
高尾 哲朗(監修:山田祥寛)

はじめに

本連載では、前回から以下のようなWCF+Silverlightアプリケーションを作成しています。

図1:今回作成するアプリケーションの概念図(クリックで拡大)

今回は前回に続いて、サンプルを完成させていきましょう。

サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。

非同期結果を送信するスタンダードなWCFサービスの作成

サーバーから開始されるメッセージ交換を通常のWCFサービスとして作成して動作を確認します。後に、先ほど作ったサービスと一緒に双方向通信に変更します。

(1)WCFがクライアントに返すデータ型を定義

WCFが返す結果セットクラスを実装側DeskTopStateServiceクラス内に作成します。DeskTopStateTypeと並列にDeskTopStateSetクラスとして作成します。クライアント側でもこのクラスを使うので、属性を付けてクライアントコードを自動生成するようにします。

[リスト 04]結果セットのデータ型の定義

(2)サーバープッシュとなるWCFサービスを作成

この結果セットを返すGetStateというサービスをサービス実装側のSetStateと並列に追加し、インターフェース側も合わせます。

[リスト 05]XMLファイルに保存されているIDとStateのセットを全部取得(社員全員の在席状態の取得)

(3)上記サービスのインターフェースを作成

インターフェース側も作成しておきます。

[リスト 06]作成したサービスの公開インターフェースを定義

(4)上記サービスのクライアント側の呼び出しを作成

サービス参照の更新を行ってから、クライアント側の呼び出しを作成します。SetStateの呼び出しはコメントアウトします。

[リスト 07]クライアンからの呼び出し

(5)上記サービスの動作を確認

F5を押して、実行結果を確認してください。

図2:結果の確認(クリックで拡大)
Think IT会員限定特典
  • 「WCF+Silverlightで作るリアルタイムWeb(後編)_1」サンプルプログラム

  • 「WCF+Silverlightで作るリアルタイムWeb(後編)_2」サンプルプログラム

  • 「WCF+Silverlightで作るリアルタイムWeb(後編)_3」サンプルプログラム

著者
高尾 哲朗(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています