PR

カードがめくられるように数値を表示する

2011年5月17日(火)
PROJECT KySS

ロジックコードを記述する

リスト1 (MainPage.xaml.vb)

Option Strict On

タイマーに関するクラスの含まれる、System.Windows.Theading名前空間を読み込みます。
Imports System.Windows.Threading
Partial Public Class MainPage
	Inherits UserControl

	Public Sub New()
  	InitializeComponent()
	End Sub
加算される変数noをメンバ変数として宣言します。
  Dim no As Integer = 0

■ページが読み込まれた時の処理
新しいDispatcherTimerのインスタンスであるmyTimerオブジェクトを生成します。DispatcherTimerクラスは指定した時間の間隔で処理されるタイマーを表すクラスです。
タイマー間隔が経過すると発生するTickイベント時に、myTimer_Tickプロシージャを指定します。
Intervalプロパティでは、タイマーの間隔を指定します。ここでは1秒間隔でmyTimer_Tickプロシージャが実行されます。Startメソッドでタイマーを実行します。
Private Sub MainPage_Loaded(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Me.Loaded
Dim myTimer As New DispatcherTimer
  	AddHandler myTimer.Tick, AddressOf Me.myTimer_Tick
  	myTimer.Interval = TimeSpan.FromSeconds(1)
  	myTimer.Start()
  End Sub

■タイマー間隔が経過した時の処理
Math.Min関数で、変数noの値が60より小さい場合は、変数noの値を1ずつ加算します。変数noの値が60になった時は0で初期化します。
各TextBlockのTextプロパティに加算されるnoの値と、さらに1が加算された値を指定します。
カードがめくられた時は、表示されている値より、さらに1が加算された値が表示されるようになります。背面に配置されたTextBlockには、前面に配置されたTextBlockのTextの値より+1された値が表示されます。
コントロールは最後に配置されているコントロールの方が前面に配置されます。
Gridの上方に配置されていたTextBlockコントロールは、TextBlock1がTextBlock2の背面、TextBlock2がTextBlock1の前面に配置されます。
また、Gridの下方に配置されていたTextBlockコントロールは、TextBlock3がTextBlock4の背面、TextBlock4がTextBlock3の前面に配置されます。
よって背面に配置されているTextBlock1とTextBlock3にはTextBlock2とTextBlock4の値より+1された値が表示されるようにします。
00、01、02…、の表示にするため、ToStringに”00”の書式を指定しています。
myNumberは、local:TimerBaseSilverlightControlに付けた名前です。
BeginメソッドでStoryboard1を開始します。
  Private Sub myTimer_Tick(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
  	no = Math.Min(no + 1, 60)
  	If no = 60 Then no = 0
  	myNumber.TextBlock1.Text = (no + 1).ToString("00")
  	myNumber.TextBlock2.Text = no .ToString("00")
  	myNumber.TextBlock3.Text = (no + 1).ToString("00")
  	myNumber.TextBlock4.Text = no.ToString("00")
  	myNumber.Storyboard1.Begin()
  End Sub
End Class

Think IT会員限定特典
  • 「カードがめくられるように数値を表示する」サンプルプログラム

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています