PR

パーツをそろえてG4 Cubeを組み立てる

2011年7月27日(水)
新藤 望

8. マザーボードの取り付け

【用意するもの】

  • ビニールテープ(絶縁テープ)
  • すきまテープ

絶縁のため、マザーボードの裏面に、四辺を囲んで接着します。

絶縁&緩衝材として、すきまテープを上パネルの辺、背面パネルと接する辺に接着します。

スペーサーを取り付けます。1で外したスペーサーと、ねじを再利用します。マザーボードの回路と接触していないことを確認し、もともとの位置に、マザーボードと隙間がないように調整し、取り付けます。今回はマザーボードが大きく、端子側はほぼ固定されているため、上に2個所作成します。つまり、ふらつく位置(ここでは上部)と、スペーサーが取り付け可能な場所かを見ています。ここでも、絶縁にご注意ください。

ケーブルを、それぞれ該当の端子に接続します。

  • 赤枠: DVD-ROM用SATA2
  • 青枠: SSD用SATA3(6GB)
  • 緑枠: CPU用4ピン

スイッチを考慮し、端子側に、雑誌などを敷き、3センチ以上厚みを出します。端子が付けいた面を、背面パネル側に向けて格納します。

電源のメイン20+4ピンを接続します。ピンの上のフックの厚みが、上パネルのねじ留め時に干渉するため、ニッパーで切断します。

9. 支柱の取り付け(2)マザーボード側

ねじの無い方を、背面パネル側に向けて、左右に動かしながら押し刺して完了。

10. POWER LEDの取り付け

【用意するもの】

  • クリップ
  • ニッパー
  • ペンチ2本(固定用、曲げ用)

※手でクリップを持つとどうしても不安定なため、固定するペンチがあると便利です。
※ペンチ類は、手芸用のものも使用できます。ここでは、ビーズ用のペンチ類を使用して作成しました。

クリップを使用し、POWERLEDを取り付ける、フックを作成します。もともとのCUBEで使用している3mmの白色LEDは絶版品切れのため、5mmの白色LEDを使用します。

LEDの基盤部分はマザーボードの電源20+4ピンに干渉し、上面パネルが閉じないため、ねじを外し、取り除きます。

まず、クリップを広げます。

次に、ドライバなどを使用し、クリップを渦巻き状にします。

POWER LEDの基盤を取り外します。

もともとあるプレート固定用のねじにて固定します。位置などは適宜、ねじに合わせて調整します。クリップが長い場合は、適宜切断します。

LEDをかけて、位置を確認します。これで完了です。

ケーブルをマザーボードのPOWER LEDの横に設置します。

11. 上面パネルの取り付け

上面の赤枠の箇所のねじを留めます。

サイドの赤枠の箇所のねじを留めます。Cubeの170mmより1mm大きいため、余裕がありません。そのため、バランスをとりながら枠に押し込め、ねじで留めます。

完了

12. インナーユニットの格納

プラスチックのきょう体を逆さにします。

ハンドルを持ち、ケースの後ろのスリットにスイッチが来る向きで格納します。

無事、完成しました。
※横から見て、中身が浮いていたら、きちんとはまっていません。中身が浮かないようにはめ込みましょう。

13. 電源投入

きょう体のサイドより、電源スイッチを押下します。BIOS画面が表示されることを確認します。

POWER LEDの様子です。ちょっと弱々しいです。。

電源が入らない場合は、マザーボードまたは電源ボードの絶縁ができているか、ご確認ください。

終わりに

これで、パーツの組み立てができました。当たり前ですが、外見は完全にMacです。いよいよ本体が完成したところで、次回はOSインストールと動作確認を行います。

【参照させていただいたサイト】

おじさんの徒然Blog:Mac Cube X86化計画

ナナシサソ:G4 Cube改造

MSK Japan Soft Creators:G4 Cube 改造 ATI Rage128proをATI RADEONに交換する

ヤナソフト: PCオーディオ番外編(Mac Cube in mini)

DOS/V Power Report:Sandy Bridgeで自作PCを始めよう!

<サイト最終アクセス:2011.07>

その他、協力:kazumix氏

元アパレル販売員を経て、某SIerに転職。転職前は[Ctrl]+[C]も知らなかったが、仕事にも慣れ、今年でエンジニア歴7年目を迎える。普段は、主にUNIXの保守、運用を担当。自宅には、Mac 1台、Windows 4台(デスクトップ2:ノート2)があり、仕事用にWindowsを使用中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています