PR

OTRSの基本設定

2011年12月22日(木)
櫻井 耕造

担当者の登録

項目 説明
タイトル ※任意で入力
名 * 担当者の名前
姓 * 担当者の姓
ユーザー名 * システムにログインするID
パスワード * システムにログインするパスワード
メール * 担当者のメールアドレス
有効 有効か無効を選択
言語 担当者が利用する言語
スキン 文字の色を指定
テーマ スタンダードのみ選択
勤務時間外 勤務時間外を指定
新規チケット通知 新規チケット通知をメール送信
追跡チケット通知 チケット追跡通知のメール送信
ロック期限切れチケット通知 ロック期限切れインシデントのメール通知
移転チケット通知 移転チケットのメール通知
担当キュー 担当するキューの設定
キュー一覧更新時間 キューの更新
新規チケット作成後の画面 新規チケット作成後に表示する画面
コメント ※任意で入力
チケット一覧(S)の表示数 チケット一覧(S)の1ページ毎の表示数
構成アイテム表示数 構成アイテムでの1ページ毎の表示数
変更管理一覧(S)の表示数 変更管理一覧(S)での1ページ毎の表示数
調査一覧(S)の表示数 調査一覧(S)での1ページ毎の表示数
FAQジャーナル一覧(S)の表示数 FAQジャーナル(S)の1ページ毎の表示数
FAQ一覧(S)の表示数 FAQ一覧 (S)の1ページ毎の表示数
チケット一覧(M)の表示数 チケット一覧(M)の1ページ毎の表示数
チケット一覧(プレビュー)の表示数 チケット一覧(プレビュー)の1ページ毎の表示数
* 必須入力

インシデント管理を行うためには、最初に担当者を登録する必要があります。OTRSにログインして「管理」の「担当者」をクリックし、「担当者の追加」から担当者を登録します。上記の表は、担当者を登録する際に設定する項目の一覧です。

OTRSでは、登録した担当者を削除することはできません。担当者の退職などで不要になった担当者情報がある場合は、その担当者の「有効」欄を「無効」に設定します。グループやキューなどに関しても、同様に削除ができないため、不要な場合は無効に設定します。

グループの作成

次に、グループを作成します。「管理」の「グループ」をクリックし、「グループの追加」からグループを登録します。この作業は、担当者単位で行います。

項目 説明
名前 * ※グループ名を入力
有効 有効か無効を選択
コメント ※任意で入力
* 必須入力

担当者とグループの権限設定

「管理」の「担当グループ」をクリックし、該当する担当者を選択すると、以下のように各グループの権限一覧が表示されるので、必要な権限をグループ単位で付与させていきます(クリックすると拡大します)。

権限付与の説明

読み取り インシデントを参照する権限
移動 インシデントを別のキューに移動する権限
作成 インシデントを作成する権限
注釈 インシデントの注釈を作成する権限
所有者 インシデントの所有者を変更する権限
優先度 インシデントの優先度を変更する権限
読書き インシデントに関する全ての権限
* 必須入力
TIS株式会社 IT基盤サービス本部 DCアウトソーシング第1部 主任

システム運用、システムインテグレーションなどを経験後、TISの先端技術センターにてOTRSのR&Dを実施。OSS保守サービス「Tritis」の事業を企画し、事業の中核であるOTRSを2011年8月にOTRS AG(ドイツ)による国内初のOTRS認定技術者となる。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています