PR

翻訳と、facebookへの投稿処理の実装

2012年5月1日(火)
PROJECT KySS
<linkuri> <h2>入力ページの実装</h2> <h3>入力ページのデザイン(CreateHaiku.xaml)</h3> <p>今度は、入力ページを作成します。ソリューションエクスプローラーのプロジェクト名を右クリックして表示される「追加/新しい項目」でPortrait Pageを追加します。名前は、CreateHaiku.xamlとします。LayoutRootのGridのBackgroundに” #FFFFFFFA”を指定し、StackPanel部分をコメントアウトします。</p> <p>ツールボックスから、今回解説する、季語検索、俳句の入力、翻訳、保存、facebookへの投稿の各機能に用いるコントロールを、図4のようにレイアウトします。</p> <p>このページには、<a href="http://thinkit.co.jp/story/2012/04/27/3521" target="_blank">前回</a>説明したとおり、「一覧」ボタンがタップされた時に、俳句を表示する年月の選択ボックスを重ねて表示します。その選択ボックスは、Canvasの中にレイアウトして、表示と非表示を切り替えます。これは俳句が詠まれた後の処理であるので、次回に解説します。</p> <table cellspacing="10" style="width: 636px;"><tbody><tr><td width="204"><a href="/sites/default/files/articles/352504.png" target="_blank"><img alt=" " src="/sites/default/files/articles/352504.png" style="width:200px;" /></a></td> <td><strong><span style="font-size: 12px;color: rgb(255, 140, 0);">図4:入力ページに、入力・保存用のコントロールをレイアウトする(クリックで拡大)</span></strong></td> </tr></tbody></table><p>各コントロールのマージン等のプロパティを調整し、完成したデザイン・コードは、リスト8のようになります。</p> <h4>リスト8 入力ページのデザイン・コード(createHaiku.xaml)</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"><phone:PhoneApplicationPage x:Class="DailyHaiku_in_Japanese.CreateHaiku" xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" xmlns:phone="clr-namespace:Microsoft.Phone.Controls;assembly=Microsoft.Phone" xmlns:shell="clr-namespace:Microsoft.Phone.Shell;assembly=Microsoft.Phone" xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" FontFamily="{StaticResource PhoneFontFamilyNormal}" FontSize="{StaticResource PhoneFontSizeNormal}" Foreground="{StaticResource PhoneForegroundBrush}" SupportedOrientations="Portrait" Orientation="Portrait" mc:Ignorable="d" d:DesignHeight="768" d:DesignWidth="480" shell:SystemTray.IsVisible="True" Language="ja-JP"> <!--■ここに俳句の一覧表示のためのファイル・リスト用のコードを追加します。次回に解説します--> <!--LayoutRoot is the root grid where all page content is placed--> <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="#FFFFFFFA"> <Grid.RowDefinitions> <RowDefinition Height="Auto"/> <RowDefinition Height="*"/> </Grid.RowDefinitions> <!--ContentPanel - place additional content here--> <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="15,0,15,0"> <!--■俳句入力画面--> <!--共通ロゴ--> <Image Height="60" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,15,0,0" Name="HaikuLogo60px" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="60" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/HaikuLogo60px.png" /> <!--年月日表示--> <TextBlock Height="50" HorizontalAlignment="Left" Margin="100,22,0,0" Name="ShowDate" Text="" VerticalAlignment="Top" Width="260" Foreground="#FF00004B" FontSize="32" TextAlignment="Center" /> <!--入力項目名--> <Image Height="21" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,100,0,0" Name="RubyImage" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="233" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/ruby.png" /> <Image Height="21" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,233,0,0" Name="JPNHaikuImage" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="175" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/haiku.png" /> <Image Height="21" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,468,0,0" Name="EnglishHaikuImage" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="86" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/EnglishHaikupng.png" /> <!--入力ボックスの外枠--> <Rectangle Height="95" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,127,0,0" Name="RubyBoxBack" Stroke="#FF00004B" StrokeThickness="2" VerticalAlignment="Top" Width="450" Fill="White" /> <Rectangle Height="135" HorizontalAlignment="Left" Margin="1,260,0,0" Name="JpnKuBoxBack" Stroke="#FF00004B" StrokeThickness="4" VerticalAlignment="Top" Width="448" Fill="White" /> <Rectangle Height="135" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,495,0,0" Name="EngKuBoxBack" Stroke="#FF00004B" StrokeThickness="2" VerticalAlignment="Top" Width="450" Fill="White" /> <!--入力ボックス--> <TextBox Height="95" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,127,0,0" Name="RubyBox" Text="" VerticalAlignment="Top" Width="450" TextWrapping="Wrap" AcceptsReturn="True" Padding="0" FontSize="22" BorderBrush="{x:Null}" Background="White" /> <TextBox Height="135" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,260,0,0" Name="JpnKuBox" Text="" VerticalAlignment="Top" Width="450" TextWrapping="Wrap" AcceptsReturn="True" Padding="0" FontSize="24" BorderBrush="{x:Null}" Background="White" /> <TextBox Height="135" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,495,0,0" Name="EngKuBox" Text="" VerticalAlignment="Top" Width="450" TextWrapping="Wrap" AcceptsReturn="True" Padding="0" FontSize="24" BorderBrush="{x:Null}" Background="White" /> <!--翻訳ボタン--> <Button Content="翻訳" Height="80" HorizontalAlignment="Left" Margin="127,405,0,0" Name="TranslateButton" VerticalAlignment="Top" Width="80" Style="{StaticResource TranslateButtonStyle}" /> <Button Content="取消" Height="80" HorizontalAlignment="Left" Margin="242,405,0,0" Name="ClearButton" VerticalAlignment="Top" Width="80" Style="{StaticResource TranslateResetButtonStyle}" /> <!--季語検索--> <Image Height="100" HorizontalAlignment="Left" Margin="40,650,0,0" Name="SearchKigoBack" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="100" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/SearchKigoBack.png" /> <TextBlock Height="90" HorizontalAlignment="Left" Margin="50,650,0,0" Name="SearchKigoMonthName" VerticalAlignment="Top" Width="80" FontSize="72" Opacity="0.7" FontWeight="Bold" Foreground="#FF4D4DA7" TextAlignment="Center" /> <Image Height="100" HorizontalAlignment="Left" Margin="40,650,0,0" Name="SearchKigo" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="100" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/SearchKigoButton.png" /> <!--保存、一覧ボタン--> <Image Height="100" HorizontalAlignment="Left" Margin="175,650,0,0" Name="SaveButton" Stretch="Fill" VerticalAlignment="Top" Width="100" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/SaveButton.png" /> <Button Height="100" Style="{StaticResource ShowHaikuButtonStyle}" HorizontalAlignment="Left" Margin="310,650,0,0" Name="ShowHaikuButton" VerticalAlignment="Top" Width="100" IsEnabled="False" /> <!--■俳句の一覧表示のための、ファイル・リストのウィンドウを追加します。次回に解説します--> </Grid> </Grid> </phone:PhoneApplicationPage> </pre> <p>この中で、「一覧」ボタンは、ImageコントロールではなくButtonコントロールを使います。このボタンは俳句が記録されていない場合は機能させないので、IsEnabledにFalseを指定する必要があるからです。また、「翻訳」「取消」についても、ここではButtonコントロールを使っています。</p> <p>これらのボタンのスタイルは、App.xaml内に指定します。リスト9のように、<application.resources>要素の子として<style> <!--/*--><![CDATA[/* ><!--*/ 要素を追加します。 /*--><!]]>*/ </style></application.resources></p> <h4>リスト9  App.xaml内に追加する、「英語」「投稿」「一覧」ボタンのスタイル設定(App.xaml)</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> <Style x:Key="TranslateButtonStyle" TargetType="Button"> <Setter Property="Template"> <Setter.Value> <ControlTemplate TargetType="Button"> <Grid> <Image x:Name="TranslateButtonImage" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/TranslateButton.png" Stretch="Fill"/> </Grid> </ControlTemplate> </Setter.Value> </Setter> </Style> <Style x:Key="TranslateResetButtonStyle" TargetType="Button"> <Setter Property="Template"> <Setter.Value> <ControlTemplate TargetType="Button"> <Grid> <Image x:Name="TranslateResetButtonImage" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/TranslateResetButton.png" Stretch="Fill"/> </Grid> </ControlTemplate> </Setter.Value> </Setter> </Style> <Style x:Key="ShowHaikuButtonStyle" TargetType="Button"> <Setter Property="Template"> <Setter.Value> <ControlTemplate TargetType="Button"> <Grid> <Image x:Name="ShowHaikuButtonImage" Source="/DailyHaiku_in_Japanese;component/Image/readHaikuButton.png" Stretch="Fill"/> </Grid> </ControlTemplate> </Setter.Value> </Setter> </Style> </pre> <h3>俳句ファイルの構造の再確認</h3> <p>この入力ページでは、入力された俳句データをもとに、リスト10のような構造のXMLドキュメントを生成します。そして、ローカルストレージに「DailyHaiku_in_Japanese_Data」フォルダを生成し、その中に「2012年1月.xml」というように、年月を名前とするファイルを保存します。</p> <h4>リスト10 生成・保存するXMLドキュメント(○○年○○月.xml)の構造</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"><?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <俳句集 年月="2012年1月"> <俳句 創作年月日="2012年1月22日" 登録日時="2012/01/22/03:24:07"> <句> 改行された俳句 </句> <ルビ>ルビやコメントなど</ルビ> <英語句> 改行された英語俳句 </英語句> </俳句> ~句の数だけ<俳句>要素、繰り返し~ </俳句集> </pre> <h3>入力ページのロジック(CreateHaiku.xaml.vb)</h3> <p>では、入力ページの処理を記述していきます(リスト11)。</p> <p>このページでは、季語のbing検索のために、Microsoft.Phone.Tasksもインポートしておきます。</p> <h3>Microsoft Translatorの使用について</h3> <p>翻訳機能にはMicrosoft Translatorを使用するため、<a href="http://thinkit.co.jp/story/2012/04/11/3510?page=0,2" target="_blank">第7回</a>で取得したApplication IDを定数変数として宣言しておきます。</p> <p>ダウンロードしたプロジェクトファイルを利用する場合は、Const MyAppID As String = "ユーザーがそれぞれ取得したID"の部分を、必ず書き換えてください。</p> <h4>値の初期化</h4> <p>これから生成することになる、ルビ、日本語句、英語句、"登録日時"属性の値(日英共通でyyyy/MM/dd/HH/mm/ss)、"創作年月日"属性の値(○年○月○日)を初期化しておきます。</p> <p>また、季語検索用キー、タイトル部分の年月、ルート要素の"年月"属性の値(○年○月)を初期化しておきます。このルート要素の"年月"属性の値は、拡張子.xmlを付加して、ファイル名として使います。</p> <p>facebook投稿の可否および投稿に必要なデータを代入する変数を宣言します。投稿可の場合は変数MyPostにTrue、投稿しない場合Falseが入ります。</p> <h4>(1)入力ページがロードされた時の処理</h4> <p>タイトル部分に本日の日付を表示します。ただし、月日をまたいでの創作があるため、保存時には別途日時を取得することにします。</p> <p><a href="http://thinkit.co.jp/story/2012/04/04/3502?page=0,2" target="_blank">第5回</a>の図7で解説したように、このバージョンでも、季語検索ボタンの2番目のレイヤーにロード時の月を表示します。</p> <p>月別俳句ファイルの保存先とする「DailyHaiku_in_Japanese_Data」フォルダがなければ生成しておきます。<br /> 指定フォルダ内に俳句ファイルがなければ「一覧」ボタンは使用不可とし、1個でもあれば使用可とします。</p> <p>facebook投稿用の設定ファイルがあれば、最新の設定データを取得して、投稿可否の判別用変数MyPostにTrueを代入しておきます。</p> <p>また、LINQ to XMLでfacebook要素を処理して、最新のTitle要素とLinkUri要素の内容を取得しておきます。設定ファイルがない場合は、投稿判別変数MyPostにFalseを代入しておきます。</p> <h4>(2)「英語」ボタンがタップされた時の処理</h4> <p>「英語」ボタンがタップされた時には、Microsoft Translatorによる翻訳処理を実行します。</p> <p>日本語句を取得して、bing翻訳を実行します。<a href="http://thinkit.co.jp/story/2012/04/27/3521" target="_blank">第8回</a>の図2で解説したとおり、ネットワークに接続されていない場合に備えて、エラー処理を書いておきます。</p> <h4>(3)「取消」ボタンがタップされた時の処理</h4> <p>「取消」ボタンがタップされた時は、英語俳句入力ボックス内を空にします。</p> <h4>(4)季語検索の処理</h4> <p>「季語検索」ボタンに表示されている月を指定して、「俳句 季語 月名」をキーワードに季語を検索します。</p> <h4>(5) 月別俳句ファイルの生成・保存処理、facebookへの投稿処理の実行</h4> <p>月別の俳句ファイルを生成して保存し、投稿設定がなされている場合、保存処理に引き続き、facebookへの投稿処理を実行する処理です。</p> <p>入力ボックス内のデータを各々変数に代入し、必須項目の「日本語句」が空ではない(入力済み)の場合、日時を取得します。ファイル名に使用する年月を取得、アクセスするフォルダ名(DailyHaiku_in_Japanese_Data)とファイル名(○年○月.xml)を指定します。</p> <p>また、年月日を取得し、創作年月日とします。このデータは、「一覧」表示で、右下に表示する際にも使います。</p> <p>ファイルが存在しない場合は新規生成、存在する場合はデータを追加して、前掲のリスト10の構造のXMLファイルを作成して、保存します。</p> <p>XMLファイル保存後、変数MyPostに「True」が代入されている場合は、facebookへの投稿処理のPostToFacebookプロシジャを実行します。MyPostにFalseが代入されている場合は、第8回の図4のとおり、投稿処理は実行しません。</p> <p>保存と投稿処理実行後、各入力ボックスを空にしておきます。また、「一覧」ボタンを使用可能にします。</p> <h4>(6)facebookへの投稿処理</h4> <p>英語句がある場合は、投稿表示を分かりやすくするためスミ付き括弧で囲みます(<a href="http://thinkit.co.jp/story/2012/04/27/3521?page=0,1" target="_blank">第8回</a>の図12参照)。<br /> ShareLinkTaskを使って投稿を実装します。</p> <p>以上のXMLデータ生成、保存、投稿処理を終えた後、保存済み俳句のデータを選択して表示する処理に移ります。この処理については次回に解説します。</p> <h4>リスト11 入力ページの、季語検索・入力・翻訳・保存・投稿処理のロジック・コード(Preferences.xaml.vb)</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter">Option Strict On Imports System.IO.IsolatedStorage Imports System.IO Imports Microsoft.Phone.Tasks Imports System.Xml.Linq '俳句の一覧表示のための、ファイル・リスト取得コード(次回解説) 'Public Class ShowYearMonth 'Property 年月 As String 'End Class Partial Public Class CreateHaiku Inherits PhoneApplicationPage Public Sub New() InitializeComponent() End Sub '■■季語検索、俳句の入力、翻訳、保存、投稿処理 '●Microsoft TranslatorのユーザーID Const MyAppID As String = "ユーザーがそれぞれ取得したID" '●俳句データを初期化 Dim MyRuby As String = String.Empty Dim MyKuJapanese As String = String.Empty Dim MyKuEnglish As String = String.Empty Dim MyRecordDateTime As String = String.Empty '登録日時属性値。日英共通でyyyy/MM/dd/HH/mm/ss Dim MyComposeHaikuDate As String = String.Empty '創作年月日属性値。○年○月○日 '●季語検索用キーを初期化 Dim SearchKigoMonth As String = String.Empty '●年月表示を初期化 Dim CreateHaikuDate As String = String.Empty 'MainPageロード時のタイトル部分の年月表示用 '●属性値として記録する年月を初期化 Dim ComposeHaikuMonth As String = String.Empty 'ルート要素「俳句集」の属性値。○年○月 '●ファイル名として使う年月を初期化 Dim CreateHaikuMonth As String = String.Empty 'ComposeHaikuMonthに拡張子.xmlを付加したもの '●facebook投稿用データを宣言 Dim MyPost As String '投稿可の場合True、投稿しない場合False Dim MyTitleText As String Dim MyLinkText As String </pre> <h4>(1)入力ページがロードされた時の処理</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> Private Sub CreateHaiku_Loaded(sender As Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded '●タイトル部分に本日の日付を表示。保存時には別途日時を取得する。 CreateHaikuDate = CStr(DateTime.Now.Year) & "年" & CStr(DateTime.Now.Month) & "月" & CStr(DateTime.Now.Day) & "日" ShowDate.Text = CreateHaikuDate '●季語検索ボタンの2レイヤー目にロード時の月を表示 SearchKigoMonth = CStr(DateTime.Now.Month) SearchKigoMonthName.Text = SearchKigoMonth '●月別俳句ファイルの保存先とする「DailyHaiku_in_Japanese_Data」フォルダがなければ生成しておく Dim HaikuStorage As IsolatedStorageFile = IsolatedStorageFile.GetUserStoreForApplication If HaikuStorage.DirectoryExists("DailyHaiku_in_Japanese_Data") = False Then HaikuStorage.CreateDirectory("DailyHaiku_in_Japanese_Data") End If '●ロード時には俳句ファイルが存在しても月別リストは非表示 MyHaikuList.Visibility = Windows.Visibility.Collapsed '●指定フォルダ内に俳句ファイルがなければ「一覧」ボタンは使用不可とし、1個でもあれば使用可とする Dim HaikuFilePath As String = Path.Combine("DailyHaiku_in_Japanese_Data", "*.xml") Dim HaikuFileList() As String = HaikuStorage.GetFileNames(HaikuFilePath) If HaikuFileList.Length <= 0 Then ShowHaikuButton.Opacity = 0.3 ShowHaikuButton.IsEnabled = False Else ShowHaikuButton.Opacity = 1.0 ShowHaikuButton.IsEnabled = True End If '●facebook投稿用設定ファイルの読み込み。このファイルはPreferences.xaml.vbで生成される。 Dim Storage_Pre As IsolatedStorageFile = IsolatedStorageFile.GetUserStoreForApplication Dim FilePath_Pre As String = Path.Combine("DailyHaiku_Preferences", "MyPreferences.xml") '●設定ファイルがあれば、最新の設定データを取得して、投稿可否の判別用変数MyPostにTrueを代入 If Storage_Pre.FileExists(FilePath_Pre) = True Then Dim MyStream_Pre As IsolatedStorageFileStream = Storage_Pre.OpenFile(FilePath_Pre, FileMode.Open, FileAccess.Read) Dim Reader_Pre As StreamReader = New StreamReader(MyStream_Pre, System.Text.Encoding.UTF8) Dim ReadXmldoc_Pre As String = Reader_Pre.ReadToEnd Dim ItemDoc_Pre As XDocument = XDocument.Parse(ReadXmldoc_Pre) Reader_Pre.Close() MyStream_Pre.Close() '●facebook要素を処理して、最後のTitle要素とLinkUri要素の内容を取得、最新の設定データを取得 Dim MyDataQuery_Pre As IEnumerable(Of XElement) = From c In ItemDoc_Pre.Descendants("facebook") Select c For Each MyResult_Pre In MyDataQuery_Pre MyTitleText = MyResult_Pre.<Title>.Value MyLinkText = MyResult_Pre.<LinkUri>.Value Next MyPost = "True" Else '●設定ファイルがなければ、投稿判断用変数MyPostにFalseを代入 MyPost = "False" End If End Sub </pre> <h4>(2)「英語」ボタンがタップされた時の処理</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> Private Sub TranslateButton_Tap(sender As System.Object, e As System.Windows.Input.GestureEventArgs) Handles TranslateButton.Tap '●日本語句を取得 MyKuJapanese = JpnKuBox.Text If MyKuJapanese = String.Empty Then MessageBox.Show("日本語の俳句を入力してください。") End If Dim MyWebClient As New WebClient Dim MyTranslate As String = String.Format("http://api.microsofttranslator.com/v2/Http.svc/Translate?appId={0}&text={1}&from=ja&to=en", MyAppID, MyKuJapanese) MyWebClient.DownloadStringAsync(New Uri(MyTranslate, UriKind.Absolute)) '●bing翻訳を実行。サーバーからの応答が遅れた場合と、ネットワークに接続されていない場合のエラー処理を書いておく。 AddHandler MyWebClient.DownloadStringCompleted, Sub(resultSender As Object, resultArgs As DownloadStringCompletedEventArgs) Try Dim MyTranslateDoc As XDocument = XDocument.Parse(resultArgs.Result) EngKuBox.Text = MyTranslateDoc.Elements.First.Value Catch MessageBox.Show("ネットワークに接続されていないかタイムアウトの可能性があります。しばらくお待ちのうえ翻訳を再実行するか、日本語俳句のみ保存してください。") Exit Sub End Try End Sub End Sub </pre> <h4>(3)「取消」ボタンがタップされた時の処理</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> '●英語俳句入力ボックス内を空にする Private Sub ClearButton_Tap(sender As System.Object, e As System.Windows.Input.GestureEventArgs) Handles ClearButton.Tap EngKuBox.Text = String.Empty End Sub </pre> <h4>(4)季語検索の処理</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> Private Sub SearchKigo_Tap_1(sender As System.Object, e As System.Windows.Input.GestureEventArgs) Handles SearchKigo.Tap '●「季語検索」ボタンに表示されている月の季語を検索 Dim MySearchTask As New SearchTask MySearchTask.SearchQuery = "俳句 季語 " & SearchKigoMonth & "月" MySearchTask.Show() End Sub </pre> <h4>(5)月別俳句ファイルの生成・保存、facebookへの投稿処理の実行</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> Private Sub SaveButton_Tap(sender As System.Object, e As System.Windows.Input.GestureEventArgs) Handles SaveButton.Tap '●入力ボックス内のデータを各々変数に代入。英語句とルビが未入力の場合は空データとする MyKuJapanese = JpnKuBox.Text MyKuEnglish = EngKuBox.Text MyRuby = RubyBox.Text '●必須項目の「日本語句」が空ではない(入力済み)の場合の処理 If MyKuJapanese <> String.Empty Then Try '●データの登録日時を取得(次期英語版のために共通化しておく) MyRecordDateTime = DateTime.Now.ToString("yyyy/MM/dd/HH:mm:ss") '●保存先フォルダの生成 Dim HaikuStorage As IsolatedStorageFile = IsolatedStorageFile.GetUserStoreForApplication If HaikuStorage.DirectoryExists("DailyHaiku_in_Japanese_Data") = False Then HaikuStorage.CreateDirectory("DailyHaiku_in_Japanese_Data") End If '●ファイル名に使用する年月を取得、アクセスするフォルダ名とファイル名を指定 ComposeHaikuMonth = CStr(DateTime.Now.Year) & "年" & CStr(DateTime.Now.Month) & "月" CreateHaikuMonth = ComposeHaikuMonth & ".xml" Dim HaikuFilePath As String = Path.Combine("DailyHaiku_in_Japanese_Data", CreateHaikuMonth) '●「一覧」表示で、右下に表示する創作年月日を取得 MyComposeHaikuDate = ComposeHaikuMonth & CStr(DateTime.Now.Day) & "日" '●ファイルが存在しない場合は新規生成、存在する場合はデータを末尾に追加 If HaikuStorage.FileExists(HaikuFilePath) = False Then Dim HaikuXmldoc As XDocument = <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> <俳句集 年月=<%= ComposeHaikuMonth %>> <俳句 創作年月日=<%= MyComposeHaikuDate %> 登録日時=<%= MyRecordDateTime %>> <句><%= MyKuJapanese %></句> <ルビ><%= MyRuby %></ルビ> <英語句><%= MyKuEnglish %></英語句> </俳句> </俳句集> Using HaikuStream As IsolatedStorageFileStream = New IsolatedStorageFileStream(HaikuFilePath, FileMode.Create, FileAccess.Write, HaikuStorage) HaikuXmldoc.Save(HaikuStream) MessageBox.Show("今日の俳句を" & ComposeHaikuMonth & "のファイルに保存しました。") End Using Else Dim HaikuAddStream As IsolatedStorageFileStream = HaikuStorage.OpenFile(HaikuFilePath, FileMode.Open, FileAccess.Read) Dim HaikuReader As StreamReader = New StreamReader(HaikuAddStream) Dim HaikuReadXmldoc As String = HaikuReader.ReadToEnd Dim HaikuAddDoc As XElement = XElement.Parse(HaikuReadXmldoc) Dim HaikuAddXml As XElement = <俳句 創作年月日=<%= MyComposeHaikuDate %> 登録日時=<%= MyRecordDateTime %>> <句><%= MyKuJapanese %></句> <ルビ><%= MyRuby %></ルビ> <英語句><%= MyKuEnglish %></英語句> </俳句> HaikuAddDoc.Add(HaikuAddXml) HaikuAddStream.Dispose() Using HaikuStream As IsolatedStorageFileStream = New IsolatedStorageFileStream(HaikuFilePath, FileMode.Create, FileAccess.Write, HaikuStorage) If HaikuStorage.FileExists(HaikuFilePath) = True Then HaikuAddDoc.Save(HaikuStream) HaikuReader.Dispose() MessageBox.Show("今日の俳句を" & ComposeHaikuMonth & "のファイルに保存しました。") End If End Using End If '●●facebookへの投稿処理の実行判別 '●投稿可の場合の処理。ShareLinkTaskを用いて投稿。 '●投稿しない場合は、MyPostにFalseが代入されているため、この処理はスルーされる If MyPost = "True" Then PostToFacebook() End If '●各入力ボックスを空にし、入力された値を代入する変数を初期化しておく RubyBox.Text = String.Empty JpnKuBox.Text = String.Empty EngKuBox.Text = String.Empty MyRuby = String.Empty MyKuJapanese = String.Empty MyKuEnglish = String.Empty '●俳句ファイルが1個でも生成保存されたら、「一覧」ボタンを有効にする ShowHaikuButton.Opacity = 1.0 ShowHaikuButton.IsEnabled = True Catch Exit Sub End Try Else '●必須の日本語句が空の場合は、メッセージを表示する MessageBox.Show("俳句を入力してください。") Exit Sub End If End Sub </pre> <h4>(6)facebookへの投稿処理</h4> <pre class="brush: plain" type="syntaxhighlighter"> Private Sub PostToFacebook() '●英語句がある場合、投稿表示を分かりやすくするためスミ付き括弧で囲む If MyKuEnglish.Length > 0 Then MyKuEnglish = vbCrLf & "【" & MyKuEnglish & "】" Else MyKuEnglish = String.Empty End If Try Dim MyShareLinkTask As New ShareLinkTask With MyShareLinkTask .Title = MyTitleText .LinkUri = New Uri(MyLinkText, UriKind.Absolute) .Message = MyKuJapanese & vbCrLf & MyKuEnglish .Show() End With Catch MessageBox.Show("ネットワークへの接続状況を確認してください。あるいは「facebookへの投稿設定」で入力したリンク先URIに不備がないか確認してください。") Exit Sub End Try End Sub '■保存済み俳句ファイルの年月リストをListBoxに表示する処理を追加します(次回解説) '■俳句ファイル・リストのウィンドウをタップした時の処理を追加します(次回解説) '■ListBoxから、俳句を閲覧したい月が選択された時の処理を追加します(次回解説) End Class </pre> <p>以上で、俳句を作成するまでの処理が完成しました。次回は、俳句が作られた後の、表示と削除の処理について解説します。</p> <p>なお、今回の記事で取り上げた処理の詳細については、過去の記事を参照してください。</p> <h4>【関連リンク】</h4> <h4>データのローカルストレージへの保存</h4> <ul class="type-none" style="font-size:12px;"><li><a href="http://thinkit.co.jp/story/2011/12/09/2419" target="_blank">Windows Phone Tips集(2)「第4回 入力したデータを分離ストレージに保存し、一覧で表示する」</a></li> </ul><h4>Microsoft Translator</h4> <ul class="type-none" style="font-size:12px;"><li><a href="http://thinkit.co.jp/story/2011/08/26/2242" target="_blank">これから始めるWindows Phone プログラミング(基本編)第14回 翻訳された英文の表示と読み上げ</a></li> <li><a href="http://thinkit.co.jp/story/2011/12/26/2622" target="_blank">Windows Phone Tips集(2)第8回 「英文Webの部分翻訳」と「QRコードの生成」のサンプル</a></li> </ul><h4>ShareStatusTask</h4> <ul class="type-none" style="font-size:12px;"><li><a href="http://thinkit.co.jp/story/2011/11/15/2331?page=0,1" target="_blank">Windows Phone Tips集 第10回 モーションセンサーとShareStatusTask、MediaPlayerLauncherを使う</a></li> <li><a href="http://thinkit.co.jp/story/2011/11/21/2333" target="_blank">Windows Phone Tips集 第12回 ShareLinkTaskを使ったSNSでのリンク共有とHubTileのサンプル</a></li> </ul><p>その他、開発に役立つリンク集を紹介します。</p> <dl><dt>■<a href="http://msdn.microsoft.com/ja-jp/default.aspx" target="_blank">開発者向け技術情報サイト MSDN</a></dt> <dd>全ての情報は、ここから。</dd> <dt>■<a href="http://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja/wpmarketplaceja/threads" target="_blank">App Hub / Windows Phone マーケットプレイス Windows Phone フォーラム</a></dt> <dd>App Hub の利用や Windows Phone マーケットプレイスに関する話題や情報交換の場です。</dd> <dt>■<a href="http://msdn.microsoft.com/ja-jp/hh162048" target="_blank">UX-TV</a></dt> <dd>アプリケーション開発に関する情報をエバンジェリストの方々が定期的に発信しています。Windows Phone開発に関する番組が充実しています。</dd> <dt>■<a href="http://www.microsoft.com/ja-jp/windowsphone/" target="_blank">Windows Phone公式サイト(Microsoft)</a></dt> <dt>■<a href="http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsphone/default" target="_blank">Windows Phone 開発者向け技術情報</a></dt> <dt>■<a href="http://www.facebook.com/WindowsPhoneJapan" target="_blank">facebook 公式 Fan Page「Windows Phone Japan」</a></dt> <dt>■<a href="http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsphone/gg750754#blog" target="_blank">Windows Phone 関連ブログ</a></dt> <dt>■<a href="http://wp-arch.net/" target="_blank">コミュニティ: Windows Phone Arch</a></dt> </dl><p style="font-size:12px; color:#666666;"><リンク先最終アクセス:2012.04></p> </linkuri>
Think IT会員限定特典
  • 「一日一句 投稿対応版 Ver.1.0」プロジェクトファイル

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています