PR

たった4ステップでWordPressをインストールできるWindows Azureの「Webサイト」

2012年8月29日(水)
田口 一博

オープンソースアプリケーションを使って素早く構築

Webサイトでは、PHPや.NETなどで開発されたオープンソースアプリケーション(WordPress、Joomla!、DotNetNuke、Orchardなど)をギャラリーから選択することにより、すぐに展開・公開することができます。もちろん、展開後のカスタマイズもできますので、オープンソースアプリケーションを使って素早くアプリケーションを構築することができます。

では、実際にWordPressをインストールしてみましょう。新しい管理ポータルのコマンドバーにある[+NEW]をクリックして、[WEB SITE](画面04の(1))にある[FROM GALLERY](画面04の(2))を選択し、ADD WEB APP ウィザードを表示します。

画面04:コマンドバーからADD WEB APP ウィザードを選択(クリックで拡大)

ADD WEB APP ウィザードが表示されたら、[WordPress](画面05の(1))を選択して、右下の矢印アイコン(画面05の(2))をクリックします。

画面05:ギャラリーからWordPressを選択(クリックで拡大)

URLを入力、データベースは[Create a new MySQL database]を選択し、地域(REGION)を指定します(画面06)。

画面06:アプリケーションの設定(クリックで拡大)

MySQLデータベース名と地域を指定してClearDB が提供しているMySQLサービスに、データベースを作成します。地域(REGION)は、パフォーマンスを考慮しWebサイトと同じ地域を選択します(画面07)。

画面07:MySQLの設定(クリックで拡大)

これだけでインストール作業は完了です。インストールが完了するとページ下に通知が表示されます (画面08の(1))。URL (画面08の(2))をクリックすると、WordPressのインストールページ(画面09)が表示されますので、WordPressをインストールします。

画面08:インストール完了(クリックで拡大)
画面09:WordPressインストール(クリックで拡大)
スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています