PR

システム運用における、5つの大間違いとは(4)

2014年3月21日(金)
株式会社アールワークス

間違い4:システムの負荷上昇を障害検知

新卒でシステム管理部門に配属されたSは、先輩Tの指導のもとで新しいシステムの監視設定を任された。作業対象外のサーバーで設定されている監視項目を眺めてみると、ロードアベレージ(サーバーの負荷平均)ではなくCPU使用率の、しかもディスクI/O(外部記憶装置へのデータの読み書き)のみ閾値が設定されていることを見つけた。

Sは大学の授業で、「ロードアベレージが1以上ならダメなシステムだ」と教わってきたが、ロードアベレージに閾値が設定されていなかったため、Tに質問してみたところ、「DBサーバーだから」という素っ気ない回答であった。その回答に対して、理解に苦しむSであった。

以前はシステム負荷の監視など必要なかった

20世紀型のシステムでは、プリントサーバーやファイルサーバー、バックアップサーバーなど、単一の機能を持つサーバーが多く存在した。単一の機能しか持たないサーバーは、処理中に負荷が上がり、未処理時に負荷が低下することは自明である。

例えばプリントサーバーの場合、なんとなく処理が遅いと感じるときは、たいてい誰かが大きなファイルを印刷しているときだ。その処理が終わらない限り自分のファイルは印刷できないため、待ち続けるしかなかった。このように、サーバーに求められている適切な処理を行うために負荷が上昇するので、このシステムでは、サーバー負荷状況を監視することそのものに意味がなかった。

一方、単一機能のサーバーだけでなく、単一機能のシステムも多数存在した。

例えば、勤怠管理専用システムや会計処理専用システムなどの、各種専用システムがそれである。それら専用システムは、夜間にバッチ処理やバックアップ処理を集中させることによって、昼間の業務遂行のシステムリソースを確保するといったように、日中と夜間でシステムに求められる業務がそれぞれ決まっていた。このためシステム内のサーバー単位で、ある程度の負荷を予測し、システムの増強や縮小を行うことが可能であった。

今やシステム負荷の監視は必須となったが…

その後時代は変わり、複数のプリンタを管理・印刷しながら画像ファイルを同時出力するプリントサーバー、複数のオートローダーや複数の仮想ストレージを同時に利用しながらバックアップを行うバックアップサーバーといった、単一機能でも並列処理が可能なシステムが、市場多数出回るようになった。

また、会社全体でのコストダウンを目指し、システムごとに多数のサーバーを導入するのではなく、多数のサーバーを複数のシステムで同時並列的に利用するようにもなってきた。この代表的な例として、自社専用のプライベートクラウドなどが挙げられる。プライベートクラウド上には、勤怠管理システム用の仮想サーバーやスケジュール管理システム用の仮想サーバーなど、さまざまなシステムが同居することになる。

著者
株式会社アールワークス
1985年に株式会社アステックとして創業。2000年10月の株式会社アールワークス設立を経て、2005年6月より現在の1社体制に移行。同時に、社名を(株)アールワークス(Rworks, Inc.)に変更。
設立以来、IDC事業やITマネージドサービスを行い、そこで培ったネットワークインフラの運用ノウハウや、さまざまなソフトウェアを開発した技術力を結集し、現在、ITシステムのリモート運用サービスをはじめとして、インフラ構築、ハウジングやホスティングサービス、SaaS/ASP型のシステム監視基盤の提供を行う。単純なオペレーターではない技術提供をベースにした24時間365日の統合的なフルマネージドサービスを提供している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています