PR

MozillaがGoogleとの検索提携を終了、開催が近づくOpenStack Days Tokyo 2015など5トピック

2014年11月28日(金)
吉田 行男

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。日増しに寒さが増し、体調を崩しやすい季節ですが、皆さんは風邪など引いたりしていないでしょうか。オープンソースの周辺は、そんな季節に反して熱いニュースが日々飛び交っています。

今回は、Google ChromeのPOODLE脆弱性対策や、MozillaのGoogleとの検索提携終了、2015年開催に向けて準備の進むOpenStack Days Tokyoなどを紹介していきます。1週間分の注目トピックをまとめてご覧ください。

Google Chrome 39安定版、SSLv3フォールバックがデフォルトで無効に--POODLE脆弱性の対策で

今後、GoogleはSSL/TLSサポートに関する作業を強化する計画中で、次バージョンでは、SSLv3のサポートを無効にすることを予定しており、最終的にはコードを削除する予定とのこと。また、OpenSSLからフォークした独自の「BoringSSL」も導入されており、将来的にはこの「BoringSSL」を使用する計画のようです。
(参照記事:http://japan.cnet.com/news/service/35056809/

Mozilla、04年から続いたGoogleとの検索提携を終了、米国でYahooと5年契約

Mozillaとしては、検索パートナーシップに関して、選択と独立性を重んじる戦略に添うことを優先したようだが、売上高の98%が、検索サービスプロバイダからのロイヤリティ収入で、そのうち90%がGoogleからの収入であったことを考えると従来通りの成長を維持できるか注視する必要がある。
(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2014/11/20/063/

3回目の「OpenStack Days Tokyo」が2015年2月3日・4日に開催

第3回目の「OpenStack Days Tokyo」が2015年の2月に東京のグランドプリンスホテル高輪で開催されることが発表された。2014年2月に開催された第2回の参加者は約1,100名だったが、今回はその2倍にあたる2,000名を見込んでいる。開始3週間足らずで、講演・展示ともに参加企業の募集枠が満杯となった。また、参加企業の約半数が新規参加企業ということだが、その中には富士通、TIS、レッドハット等の国内外の大手企業が目立っている。
(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20141125_677423.html

NSAがデータフロー技術「Nifi」をオープンソースに、ASFに寄贈

今回公開した「Nifi」は、米国・国家安全保障局(NSA)が業界や学術界と研究の成果を共有するプログラムの一環で公開したもので、コードを公開することで、企業はNSAの研究を検証することができ追加的に強化したり適用することでメリットを得られる可能性があるということのようです。
(参照記事:http://sourceforge.jp/magazine/14/11/27/155800

WindowsからLinux/Dockerを直接管理できるコマンドラインインターフェース発表

これまでは、Linuxベースのコマンドラインインターフェース(CLI)を利用してDockerコンテナを管理していたが、今回のWindows CLIを利用することで、直接管理できるようになった。また、Docker HubでASP.NET向けのDockerイメージを公開した。
(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35056811

◆編集後記 - 吉田の注目ポイント - ◆

先週は、中国の武漢から直接福岡に向かい、「OSC2014 Fukuoka」に参加してきました。今回は約500名の参加があったということで、福岡でのOSSの盛上がりを感じてきました。どのセミナーもほぼ満員の状態でしたし、ブースでの質問も活発でした。今回は、情報がなかなか地方まで伝わっていないことを痛感し、積極的に情報発信の必要性を感じました。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

MozillaがGoogleとの検索提携を終了、開催が近づくOpenStack Days Tokyo 2015など5トピック | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。