PR

開発に手詰まりを感じたら静的設計を見直そう

2015年1月28日(水)
吉谷 愛

はじめに

前回は、「ボウリングスコア計算プログラム」の開発をテスト駆動開発(以下TDD)で進めていく過程で、「ExtractMethod」というリファクタリング手法を用いて「連続ストライク」等より複雑なテストケースの実装を、初学者の「古谷」がTDDの達人である「高梨先輩」に教えを乞う形で進めてまいりました。今回は、「静的設計のブレイクスルー」をテーマに、「設計の洗練」についてご説明します。なお、この連載ではプログラミング言語RubyでTDDを実現しておりますが、必ずしもRuby経験者が対象ではありません。Ruby未経験者でもプログラミング経験者であれば、ある程度理解できるように考慮して進めてまいります。

______________________________________

  1. [古谷]古谷です。前回は、ありがとうございました! 前々回の「スペア」に続き「ストライク」の実装を行ったことでもうTDDに関してはほぼ理解できた気がするのですが、錯覚でしょうか?
  2. [高梨]高梨です。そうですね、さすがにこれだけで「TDDはほぼ理解した」と公言したら場所によっては袋叩きにあう可能性があります。ですが、学習の過程で古谷さんが手応えと自信を獲得できたことを、僕はとても嬉しく思います。ちょうど今回から「振る舞い」や「事前条件・事後条件」等の動的設計から、静的設計である「インターフェース」や「名前(ネーミング)」にシフトしようと考えていたので、タイミング的にもベストです。
  3. [古谷]そうだった! 前回ちらっと高梨先輩がおっしゃっていた「動的設計」と「静的設計」の話を聞いて初めて、今まで自分がやっていたことが「動的設計」だということを知りました。「自分がやっていたことが何なのかも把握できていなかったのだ、ほぼ理解できた気がしていたけれど錯覚なのかな」と、最後にちょっと不安になったのを思い出しました…… でも不安がっても仕方ないので、とにかく前に進みます!
  4. [高梨]大丈夫です。今回も、今まで通りインクリメンタルに進めますので、安心してください。それでは、まずは今までの「動的設計」の総仕上げとして、「スペアとストライクの複合テストケース」を実装しましょう。さあ、今まで通り、まずはテストケースから考えていきましょうか。古谷さん、下記のような投球をした場合、ボウリングでは何点になりますか?」
  • 第1投目:10ピン倒す(ストライク)
  • 第2投目:5ピン倒す
  • 第3投目:5ピン倒す(スペア)
  • 第4投目:3ピン倒す
  • 残り15投球:すべてガター
  1. [古谷]はい! まず倒した本数は10+5+5+3=23本、ストライクのボーナスが2、3投目の5+5本、スペアのボーナスが4投目の3本、23+5+5+3=36本です!
  2. [高梨]その通りです! では早速テストケースを実装してみましょう。
ストライクとスペアが続いた場合のテスト

図1:ストライクとスペアが続いた場合のテスト(クリックで拡大)

  1. [古谷]うーん、上手くいってないです……。
  2. [高梨]3点足りていませんね。
  3. [古谷]そうですね、ん? ということは最後のスペアのボーナスがちゃんとカウントされていないのかもしれません、ちょっと見直します…… あっ!
  4. [高梨]わかりましたかどうしました?
  5. [古谷]スペアの判定がおかしいです! このプログラムでは、第2投目にスペアの判定を行っていますが、第1投目か第2投目かの判断は、単純に交互に繰り返しになっているかで判断しています。今回のケースはストライクが第1投目に来たので、本来なら第3投目がフレーム単位では第2投目になるのですが、それが第1投目と判断されています!
  6. [高梨]確かに。まあ、スペアの実装中は、ストライクの概念を全く考えていなかったから仕方ないでしょう。さて、どうしましょうか?
  7. [古谷]そうですね…… 安易に分岐を増やすとテストがまた面倒になるので、第1投目か2投目かの判断をする際に、ストライクのボーナスが2の時は強制的に1にするようにします。
  8. [高梨]なるほど。では、実装してみてください。
  9. [古谷]はい! こんな感じです!
@shot_noの設定条件を追加する

図2:@shot_noの設定条件を追加する(クリックで拡大)

  1. [高梨]素晴らしい! それではどんどん進みましょう。次は、こんなテストケースを実装してみましょう。
  • 第1投目:10ピン倒す(ストライク)
  • 第2投目:10ピン倒す(ストライク)
  • 第3投目:5ピン倒す
  • 第4投目:5ピン倒す(スペア)
  • 第5投目:3ピン倒す
  • 残り13投球:すべてガター
  1. [高梨]この場合、倒した本数は10+10+5+5+3=33本、ストライクのボーナスが2、3、4投目の10+5+5+5本、スペアのボーナスが5投目の3本、33+10+5+5+5+3=61本になるはずです。
スペアと連続ストライクのケースをテスト

図3:スペアと連続ストライクのケースをテスト(クリックで拡大)

  1. [古谷]あれ? 58になりました…… うーん、やっぱりボーナスの計算がおかしいですね。、さっき修正したはずなのに、なぜでしょう?
  2. [高梨]前回のテストケースは通っていますね。では、今回と前回のテストケースの違いはなんでしょうか?
  3. [古谷]それは連続ストライクか単発ストライクかだけの違いしかなくて…… あっ! ちょ、ちょっと待ってください、見直します!
  4. [高梨]大丈夫です。慌てないで、じっくり見直してください。
  5. [古谷] 第1投目か2投目かの判断をする時、ストライクのボーナスカウント数しか判定条件になっていません。、連続ストライクのボーナスカウント数も対象にしないと! 修正します!
  6. [高梨]お願いします。実装できましたか?
  7. [古谷]はい!
さらに@shot_noの設定条件を追加

図4:さらに@shot_noの設定条件を追加(クリックで拡大)

フロイデ株式会社 代表取締役

「最新のアーキテクチャを追及し続ける技術者集団」を目指す、フロイデ株式会社代表取締役社長。現在は、自身のCOBOLからRailsまでの非常に幅広い開発経験や、学生や未経験社員への技術指導経験を糧に、技術講師としてソフトウエアエンジニアの育成に注力している。2013年06月より、初心者向けの「はじめようRuby on Rails開発!」シリーズを考案。“技術者の立場にたった、技術者の心に火をつける”熱い講義をモットーとしている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています