PR

Dockerオーケストレーションツールが一般提供、OpenShift Commons設立、ほか

2015年3月6日(金)
吉田 行男

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

まだまだ、北日本を中心に雪が降っていますが、関東地方から西では、暖かい日も増えてきたように思います。今年の桜(ソメイヨシノ)の開花日は概ね平年並みのようで、早いところでは3月中旬から咲き始めるようです。

桜の開花を待つまでもなく、あいかわらずオープンソースの世界はさまざまなニュースがあふれています。今週も注目すべきトピックをまとめましたので、ゆっくりとご覧下さい。

「Docker」のオーケストレーションツールが一般提供

2014年12月に発表したオーケストレーションサービス群(「Docker Machine」「Docker Swarm」「Docker Compose」)が、一般に利用できるようになりました。これらのツールは、開発者やシステム管理者がマルチコンテナ分散アプリケーションの作成や管理を支援するためのツールです。12月に発表したアルファ版では、何が可能になるかを示すことを目的とした、ただ動くだけの例でしたが、今回の公開したものはベータ版であり、より実用の段階へと進んだものになっています。
(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35061042

ミドクラ、OpenStack Junoをサポートしたネットワーク仮想化ソフト「MEM」新版

ミドクラジャパン株式会社は26日、IaaSクラウドに最適なネットワーク仮想化ソリューション「ミドクラ・エンタープライズ・ミドネット(Midokura Enterprise MidoNet:MEM)」の最新版を発表しました。今回の最新版では、OpenStack Junoをサポートしたほか、OpenStack Neutron連携機能が改善されました。特に、Load Balancing as a Service(LBaaS)機能の改善により、OpenStack Horizon UI経由でテナントごとにロードバランサーを生成できるようになりました。
(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150227_690283.html

富士通研、PostgreSQLの分析処理を50倍以上高速化できる技術を開発

富士通研究所は26日、サーバー1台でPostgreSQLの分析処理を50倍以上高速化できる列形式のデータ格納技術とデータベース処理エンジンを開発したと発表しました。これにより、メモリ搭載量が小さい中小規模のシステム上において、従来は不可能であった大量データのリアルタイム分析が実現でき、ビッグデータの活用が広がるものと期待されます。今後、富士通のデータベース製品「FUJITSU Software Symfoware Server」への装備に向け、同技術の2015年度中の実用化をめざしています。
(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150226_690073.html

パフォーマンス大幅向上、「MySQL Cluster 7.4」GAリリース

「MySQL Cluster」は、99.999%の高可用性と拡張性、OSSによる低TCOを兼ね備えたオンライントランザクション向け分散型DBで、SQL、NoSQL双方のAPIを備えており、単一障害点を持たず、大手通信事業者からWeb/クラウド/ソーシャル/モバイルのアプリケーションプロバイダーまで、幅広い用途で利用されています。 最新版では、メモリ最適化テーブルやリニアなスケールアウト性能により、NoSQLで2億クエリ/秒の読み出し(32データノード)、SQLで250万回/秒のSQL文実行(16データノード)などのパフォーマンスを実現しています。
(参照記事:http://ascii.jp/elem/000/000/985/985073/?mail

レッドハット、PaaSのオープンソースコミュニティ「OpenShift Commons」を設立

「OpenShift Commons」は、OpenShiftの関係者、顧客、利用者、パートナー、開発者などの横断的なコミュニティで、OpenShiftに関する情報や事例などの共有を通してそれぞれの成功をめざ組織と説明されています。デル、Docker、シスコ、Cloudera、CA、Hortonworksなどが参加を表明しています。PaaS基盤としては、すでに「Cloud Foundry」が市場をリードしており、昨年12月には「Cloud Foundry Foundation」を設立しているため、巻き返しを図るレッドハットが設立したようです。
(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35061113

◆編集後記◆

先週の「オープンソースカンファレンス」で開催されたシンポジウム「クラウド×OSS ~ “攻めのIT”への転換」では、基調講演や発表講演をはじめ、パネルディスカッションにも大勢の方にお越しいただいて、大変盛り上がりました。特にパネルディスカッションでは、大変熱い会話が交わされ、皆様に参考になったのではないかと思っています。今後、今回浮き彫りになった問題の解決や将来に向けての提言をどのように具体化していくかがこれからの課題です。関係各位の皆様とこれからも努力しなければと思った一日でした。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています