PR

CiscoルータでのIPv4サポートの有効化[ルータとスイッチのコマンド/showコマンドとステータスコード]

2015年3月23日(月)
内山 豊彦

■ルータのインタフェース

次に、Ciscoルータインタフェースについての例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック15章の問題3
 

※上記の問題1は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.400より抜粋。

 
この例題は、Ciscoルータとスイッチのインタフェースについてのものです。下の図は、この問題から作成したトポロジ図になります。
 
15章の問題3のトポロジ図
 
両方のルータで通信するためには、ルータのシリアル(Serial)インタフェースにIPアドレスを設定する必要があります。また、シリアルインタフェースのDCE側にはクロックレートを設定しなければなりません。クロックレートを設定するには、clock rateコマンドを使用します。次の2つのコマンドは、デフォルトの設定のままでも正常に動作するものです。
 
●bandwidthコマンド…帯域幅を指定したい場合に使用します。
●descriptionコマンド…インタフェースに説明文を付ける場合に使用します。
 
以上のことからbとcが正解になります。
 

■インタフェースのステータスコード

続いて、Ciscoルータインタフェースのステータスについての例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック15章の問題4
 

※上記の問題1は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.400より抜粋。

 
この問題は、show ip interface briefコマンドが出力するステータスコードについて問うものです。
 

●show ip interface briefコマンド

IPプロトコルに設定されているインタフェースの状態を調べることができます。このコマンドで表示されるステータスコードは、以下のようなものです。
 
●up/up…正常な動作状態であり、通信が可能です。
●down/down…接続やケーブルに問題があります。
●up/down…ケーブルは正しくつながっているものの、第2層プロトコルが機能していない、または誤った設定がされているケースです。
 
選択肢aのように管理者がshutdownしている場合、「administratively down」となるため、選択肢aの内容は間違いです。問題4ではdown/downとなっているため、接続やケーブルが原因になります。以上のことから正解はcとなります。次の例は、show ip interface briefコマンドを実行したものです。
 
show ip interface briefコマンドの実行例
 
①FastEthernet0/0は、正常な状態です。IPが設定されており、up/upの状態です。
 
②FastEthernet0/1は、IPアドレスは設定されていないものの、up/upの状態です。
 
③Serial0/0/0は、shutdownコマンドが実行されている状態です。「administratively down」と表示されます。
 
④Serial0/0/1は設定はされているものの、ケーブルが接続されていない状態です。down/downの状態です。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています