PR

XenDesktopでデスクトップ仮想化を体験しよう!

2009年8月31日(月)
平田 敦

仮想デスクトップへのVirtual Desktop Agentのインストール

 Virtual Desktop Agentは、仮想デスクトップ上にインストールして動作するサービスコンポーネントです。

 Delivery Controllerと仮想デスクトップ間の接続要求の仲介、接続の設定、Access管理コンソールからのセッションの処理などを管理するためのサービスやエンドポイントデバイスと仮想デスクトップ間の表示、キーボード、マウス入力のリモート制御を管理するためのサービス、また、自動再接続、印刷、暗号化などをサポートするサービスなどによって構成されます。

 Desktop Delivery Controllerセットアップウィザードの「ようこそ」画面にて[仮想デスクトップコンポーネントのインストール(I)]を選択して、仮想デスクトップ(Windows Vista仮想マシン)に対してVirtual Desktop Agentのインストールを行います。なお、Virtual Desktop Agentのインストールを行う前に、仮想デスクトップ上に、下記ソフトウエアのインストールが必要となります。

・Microsoft .NET Framework バージョン3.5
・Microsoft Visual C++ 2005 Runtime Library

 Desktop Delivery Controllerセットアップウィザードの過程で、Desktop Delivery Controllerのインストール時に作成したサーバーファームを選択して、仮想デスクトップをサーバーファームに関連付けます。

仮想デスクトップグループの作成と設定

 DDC・WIサーバー(Windows Server 2003 仮想マシン)上で、Access管理コンソール([スタート]-[すべてのプログラム(P)]-[Citrix]-[管理コンソール]-[Access管理コンソール]を選択)を起動して、仮想デスクトップグループの作成と設定を行います(図2参照)。

 XenDesktopでは、作成する仮想デスクトップグループに含まれる仮想デスクトップの割り当て方法を、次の3種類から選択できます。

・プールされた仮想デスクトップ

 先着順でセッションごとにユーザーに割り当てます。ユーザーが仮想デスクトップからログオフすると、その仮想デスクトップはプールに戻ります。通常は、Provisioning Servicesでのスタンダード・イメージ・モードとともに使用し、仮想デスクトップからユーザーがログオフした際には、仮想デスクトップは再起動され、仮想デスクトップ上で変更された内容は消去される設定とします。

・事前割り当て仮想デスクトップ
 ユーザーが接続する前に個々のユーザーに仮想デスクトップを永続的に割り当てます。

・初回使用時割り当て仮想デスクトップ
 接続する最初のユーザーにその仮想デスクトップを永続的に割り当てます。

 仮想デスクトップの作成と設定手順は以下のとおりです。

(1)Access管理コンソール左ペインにて[デスクトップグループ]選択、
(2)中央ペインの共通のタスクから[デスクトップグループの作成]を選択してデスクトップグループの作成ウィザードを起動します。
(3)デスクトップグループの作成ウィザード、以下を指定の上、任意の仮想デスクトップグループを作成
 ・仮想デスクトップの割り当ての種類
 ・ホストインフラストラクチャ(ここではXenServerを指定)
 ・作成する仮想デスクトップグループに追加する仮想デスクトップ
 ・仮想デスクトップへアクセスするユーザー
 ・デスクトップグループ名

 次のページでは、いよいよクライアントPCから仮想デスクトップへの接続を行います。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
外資系サーバーベンダーのシステムエンジニアを経て、2004年にシトリックスに入社。テクニカルサポート部にて、社内、社外のエンジニアに対する新製品の技術支援や技術トレーニングを行うプロダクトサポートスペシャリストとして従事した後、現在は、マーケティング本部で、プロダクトマネージメント、テクニカルマーケティング、新製品のレディネス業務などを担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています