PR

KDDI、NECとRed Hatが取り組んだ大規模システム向け実証実験

2017年6月8日(木)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
2017年5月に開催されたOpenStack SummitでのブレークアウトセッションでNEC、KDDI、Red Hatが共同でOpenStackのマイグレーション環境のPoCを解説。

2017年5月8日から11日までボストンにて開催されたOpenStack Summitで、NEC、KDDI、Red Hatは共同で行った実証実験を解説するセッションを行った。これは、複数のサーバーで構成されたクラスターから一部のサーバーをアップグレードしたり、パッチの適応を行ったりという運用管理を自動化するための検証環境で、サーバーをハードウェアプールの一部として扱うことで、起動/停止、アップグレードなどを自動化するという。

発表するRed Hat、NEC、KDDIの担当者たち

発表するRed Hat、NEC、KDDIの担当者たち

このセッションには、Red Hatからは2014年にRed Hatが買収したeNovanceのコンサルタントが、NECからはOpenStackとキャリアグレードのネットワークオペレーションに精通したエンジニアが参加した。この実証実験によって、「サーバーの更新作業などを自動化することの目処がついた」というのが結論だ。ここでも大規模になればなるほど、ソフトウェアだけではなくサーバーの運用管理の自動化が必要ということが分かる。まだ実用に向けて、ハードルはいくつもあるだろうが、着実に知見は増えているということだろう。

実証実験のシステム概要図

実証実験のシステム概要図

もう一つの発表は、テレコムオペレーターが利用する分散されたサーバー環境においてCPUの利用率、ネットワークトラフィックのピークなどを瞬時に検知するために、非常に短いインターバルでモニタリングを実施する際のミドルウェア、監視ツールなどの検証結果の公開だった。これは数分間隔のモニタリングではなく、1秒以下のインターバルで数百、数千のモニタリングポイントからのデータを処理したいというニーズに対して、中央集権的に行うのではなく各コンピュートノード上にモニタリングエージェントを分散配置して、モニタリングポイントの増加と短いインターバルに対応しようという分散型のアプローチだ。

検証対象はCeilometer、Collectd、Monasca

検証対象はCeilometer、Collectd、Monasca

これらの実証実験は、単に導入事例を紹介したというレベルを超え、大規模システム構成における運用や監視の問題に正面から立ち向かった例としたもので、聴講者も多く、OpenStackの運用サイドからは興味深いものだったように思える。

参加したNEC、KDDI、Red Hatのエンジニアたち

参加したNEC、KDDI、Red Hatのエンジニアたち

なおセッションの模様は、以下のリンクから動画として視聴することも可能だ。

Red Hat - Big Telecom in Japan KDDI Collaborates with NEC and Red Hat to Complete Successful Trial of Next Generation Enterprise Platform

Distributed Monitoring and Analysis for Telecom Requirements

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

運用・管理イベント
第5回

eBay自社製のコンテナオーケストレーションツール、TessMaster登場!

2017/6/15
OpenStack Summit Boston 2017で紹介された、eBayが自社で使うコンテナオーケストレーションツールのTessMaster。マルチリージョンに拡がるデータセンターを跨いだ運用管理の実装例だ。
運用・管理イベント
第4回

OpenStack特化のバックアップソリューションを手がけるTrilio Data

2017/6/14
マーケットプレイスで見つけたOpenStack特化のバックアップソリューションを手がけるTrilio Data
システム開発イベント

イベント2日目:デモ連発で会場を沸かせたマーク・コリアー氏

2017/6/13
OpenStack Summit Boston 2017の2日目のキーノートはデモ中心の構成で、「コンポーザブルインフラストラクチャー」を印象づけるものだった。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています