PR

信頼をスケールさせるDevRelの仕事 DevRelCon Tokyo 2018開催

2018年9月28日(金)
高橋 正和
2018年7月に開催されたDevRelCon Tokyo 2018の基調講演から、大西彰氏とDon Goodman-Wilson氏の講演を紹介する。
 

信頼をスケールさせるには

GitHubのDeveloper AdvocateであるDon Goodman-Wilson氏は、「Scaling Trust」と題し、DevRelにおいて信頼を広げてスケールさせていく方法について語った。

GitHubのDon Goodman-Wilson氏

GitHubのDon Goodman-Wilson氏

信頼をスケールさせる

信頼をスケールさせる

冒頭でWilson氏は、「DevRelは大規模に信頼を築くもの。信頼は非常に興味深い財産だ」と位置づけた。信頼があるからプロダクトを使ってくれるし、教えるのも書くのも信頼が元になる。ただし、これは大変なことだという。

そこで、まず「1人と信頼関係を結ぶ」ことから始める。手をさしのべ、会話し、気にかける。「このときに重要なのは、一貫性だ」とWilson氏は語る。アドバイスやタイムリーな情報など、双方向で共有する。

「おめでとう、これで信頼を作り上げた」とWilson氏。「ではこれをもう一度。そしてもう一度。そしてもう一度……」と、先はまだ遠い。

「おめでとう、これで信頼を作り上げた」

「おめでとう、これで信頼を作り上げた」

そこで次の段階は「あなたを並列化する」。講演やワークショップを開いて、1対多で考えを伝える。「このとき、聴衆が問題としていることを見付け、それを物語の主人公にするのがよい」とWilson氏は語る。

「おめでとう、これで複数の信頼の絆を作り上げた」とWilson氏。「ではこれをもう一度。そしてもう一度。そしてもう一度……」と、やはり先は遠い。

「おめでとう、これで複数の信頼の絆を作り上げた」

「おめでとう、これで複数の信頼の絆を作り上げた」

次の段階は、「ほかの人に委任する」。ミートアップを開催し、聴衆が問題としていることを見付け、そのことについて話す人を探す。

「おめでとう、これでコミュニティを開始した」とWilson氏。「ではこれをもう一度。そしてもう一度。そしてもう一度……」と、まだ先は遠い。

「おめでとう、これでコミュニティを開始した」

「おめでとう、これでコミュニティを開始した」

次の段階は、「信頼できる代理人を作る」。一貫性を重視し、すでに信頼を築いている中から探す。聴衆が問題としていることを見付け、それについて書き、出版し、宣伝し、講演をする。

「おめでとう、これでコミュニティの拡大を開始した」とWilson氏。「ではこれをもう一度。そしてもう一度。そしてもう一度……」と、まだ先は続く。

「おめでとう、これでコミュニティの拡大を開始した」

「おめでとう、これでコミュニティの拡大を開始した」

次の段階は、「大使(ambassador)に権限を与える」。最高のファンを作り上げて権限を与える。「そのためには、あなたを最も信頼している人を見分けるのがとても重要だ」とWilson氏は言う。そして、権限を与え、輝く機会を与え、力を得てすばらしい気分を与える。

「おめでとう、これで信頼をスケールさせることを開始した」とWilson氏。「ではこれをもう一度。そしてもう一度。そしてもう一度……」と言うように、DevRelの活動に終わりはないようだ。

「おめでとう、これで信頼をスケールさせることを開始した」

「おめでとう、これで信頼をスケールさせることを開始した」

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

業務アプリイベント

Money 20/20開催。Wells Fargoの謝罪から学ぶ重要課題は信用という話

2018/12/14
金融業界のカンファレンスMoney 20/20にて、自社のトラブルを引き合いに信用が大切ということを示す異例のキーノートが行われた。
業務アプリ

Money 20/20開催「カンバセーショナルAI」が研究から応用へ

2018/12/13
金融業界の最大のカンファレンスMoney 20/20が、ラスベガスで開催された。銀行の未来からクリプトカレンシー、サイバーセキュリティ、人工知能まで多彩なセッションが開催された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています