PR
この連載が書籍になりました!『RancherによるKubernetes活用完全ガイド

Rancherってどんなもの?

2019年2月27日(水)
市川 豊
連載の初回となる今回は、Rancherの基本的な知識と一般的なインストールの方法などを紹介する。

What's Rancher?

Rancher概要

Rancherとは、コンテナ管理のプラットフォームを提供するアプリケーションで、アメリカ合衆国カリフォルニア州のクパチーノに本社を持つRancher Labsが開発しています。Rancherは、オープンソース・ソフトウェア(以下、OSS)であるため、ソースコードはすべてGitHubで公開されています。また、無償で利用できます。一方Rancher Labs社にライセンス料を支払うことで、オフィシャルサポートを受けられるエンタープライズ向けの利用形態もあります。

Rancherの主な特徴としては、以下の三つが挙げられます。

一つ目は、マルチクラウドをベースとしたKubernetesクラスタを一元管理できる点です。「Kubernetes is Everywhere」をコンセプトに、オンプレミスやあらゆるクラウドサービス上にKubernetesクラスタを構築及び管理、また既存のKubernetesクラスタをインポートしてRancherで管理できます。

二つ目は、Helmをベースとしたカタログという機能を備える点です。Rancherはデフォルトの状態で数多くのOSSをカタログ化しており、Rancherをインストールした直後からそれらを利用できます。また、ユーザが独自で開発したソフトウェアをカタログ化して、利用及び管理することもできます。

そして三つ目が、他のOSSとの連携が可能な点です。GitLab(CI/CD)、Prometheus(モニタリング)、Fluentd(ログの取得)等を始めとする他のOSSと連携して、利用及び管理できます。

またRancherではこうした利用及び管理のすべてを、洗練されたWebブラウザベースのRancher UI(ブラウザベースのRancher管理画面)で行えるため、Kubernetes初心者を始め、幅広い層からの人気を集めています。

これらの特徴を備えていることの結果の一つとして、米調査会社Forrester Researchの「The Forrester New Wave? Enterprise Container Platform Software Suites, Q4 2018」※1において、Enterprise Container Platform Leaderに、Docker、Red Hatと並んでRancher Labsが選ばれました(図1)。

図1:Forrester Researchによる評価

図1:Forrester Researchによる評価

本連載では、Rancherの機能・操作を紹介していきます。以下の内容で進めていく予定です。

  • What's Rancher?
  • Rancherのインストール
  • Kubernetesクラスタの構築
  • アプリケーションデプロイ(カタログ機能)
  • カタログ機能の詳細
  • アプリケーションデプロイ(kubectl)

※1:出典「The Forrester New Wave?: Enterprise Container Platform Software Suites, Q4 2018
The Eight Providers That Matter Most And How They Stack Up」(https://bit.ly/theforresternewwave
閲覧するには会員登録(無料)が必要となります。

Rancherインストール

1.インストール環境について

Rancherをインストールする上で必要となる要素は、オンプレミスまたはVMWare社やクラウドプロバイダーが提供する仮想マシンとオペレーティングシステム、そしてDockerとなります。

ハードウェア

ハードウェア要件は、Rancherを稼働させるシステムの規模により調整は必要となりますが、Rancher Labsが公表している要件は表1のようになります(2019年2月現在)。Node数が500台以上の場合は、Rancher Labsにご相談となっています(ご相談窓口)。

表1. Rancherを可動させるシステムのハードウェア要件

Deployment SizeClustersNodesvCPUsRAM
SmallUp to 5Up to 50416GB
MediumUp to 100Up to 500832GB
LargeOver 100Over 500Contact RancherContact Rancher

オペレーティングシステム&Docker

オペレーティングシステムとDockerについて、Rancher Labsが公表している要件は表2のようになります(2019年2月現在)。

表2. オペレーティングシステムとDockerの要件

OSVersionDocker Version
Ubuntu16.04(64ビット)Docker 17.03.2、18.06.2、18.09.2
Red Hat Enterprise Linux(RHEL)/
CentOS
7.5(64ビット)RHEL Docker 1.13、
Docker 17.03.2、18.06.2、18.09.2
RancherOS ※21.4(64ビット)Docker 17.03.2、18.06.2、18.09.2
Windows Server1803(64ビット)Docker 17.06

※2:RancherOSは、Rancher Labsが開発するコンテナ稼働に特化したオペレーティングシステム。https://github.com/rancher/os
RancherOSを使用している場合は、必ずDockerエンジンをサポートされているバージョンに切り替えてください。

2. インストール種別

Rancherには、インストール方法が2つあります。

  • Single Node Installation
  • High Availability Installation

Single Node Installation

Single Node Installation(単一ノードインストール)は、単一のLinuxホストにRancherをインストールします。セットアップが非常に簡単なので、開発環境、テスト環境に推奨されています。

High Availability Installation

High Availability Installation(高可用性インストール)は、Kubernetesクラスタ上にRancherをインストールします。Kubernetesの機能で高可用性を確立します。24時間365日稼働する実稼働環境に推奨されています。

株式会社エーピーコミュニケーションズ

技術開発部 コンテナグループ
Educational Solution Architect/Developer Advocate/Technical Evangelist

インフラエンジニア、フロントエンドエンジニアとして官公庁のインフラ基盤を中心としたサーバの設計構築、運用保守、Webシステム開発を担当。専門学校で非常勤講師としてOSS(Linux、Docker、k8s、Rancher等)を教えたり、アドボケート/エバンジェリストとして、RancherJPコミュニティを始めとするミートアップや勉強会で登壇、ハンズオン講師としても活動中。

Twitter: @cyberblack28
Community: RancherJP(#rancherjp)、くじらや(#kujiraya)、Cloud Native Deep Dive(#deepcn
Book: 「コンテナ・ベース・オーケストレーション」共著

連載バックナンバー

ITインフラ技術解説
第8回

Rancherを構成するソフトウェア

2019/8/30
好評発売中の「RancherによるKubernetes活用完全ガイド」の内容を元に記事化しました。
ITインフラ技術解説
第7回

Rancher Pipelineを使ったCI/CD

2019/6/5
連載7回目となる今回は、Rancher Pipelineを用いたCDの実現方法について解説します。
クラウド技術解説
第6回

Rancherのカスタムカタログの作成

2019/5/8
連載6回目となる今回は、作成したアプリケーションをRancherのカタログアプリケーションとして公開する方法を解説する。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています