PR
連載 [第270回] :
  週刊VRウォッチ

Metaがメタバース関連部門の業績を初公開。2021年売上は前年比2倍の約2,500億円、1兆円規模の投資を実行

2022年2月7日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関する多くのニュースが報じられました。中でも注目なのは、MetaがVR/ARとメタバース関連部門「Reality Labs」の業績を初公開したニュースでしょう。

発表によれば、Reality Labsの2021年売上は前年比2倍の約2,500億円に対し、損失は約1兆円でした。同社は以前より「VR/ARおよびメタバースに年間1兆円の投資を行う」と宣言しており、莫大な規模の投資を有言実行した形となります。

Meta、メタバース関連部門の業績を初公開 2021年売上は前年比2倍の約2,500億円、1兆円の赤字

Meta(旧Facebook)は、2021年度通期の業績を発表しました。これまでは、広告外収入として窺い知ることしかできませんでしたが、今回の決算発表から明確にVR/AR部門であるReality Labsの業績が公開されるようになりました。Reality Labsの通期売上は、2020年通期と比べると約99%の増収となりました。2019年から2020年は127%の増収となっており、毎年2倍となる急成長を見せています。

黒字が拡大したMeta全体の業績と対照的に、Reality Labsでは赤字幅が拡大しています。CEOのマーク・ザッカーバーグは、メタバース構築に年間1兆円の投資を行っていくと公言していましたが、まさにその規模の莫大な投資を加速させながら行っていることが読み取れます。

本ニュースの詳細はこちら:
Meta、メタバース関連部門の業績を初公開 2021年売上は前年比2倍の約2,500億円、1兆円の赤字
https://www.moguravr.com/meta-2021-revenue/

2021年第4四半期はVR/ARへの投資が過去最多に メタバース以外の要因も

スタートアップの資金調達のデータベースであるCrunchbaseによると、2021年の第4四半期のVR/AR分野への投資資金は過去最多の約2,180億円に達したことが判明しました。2021年10月末にフェイスブックがメタに社名を変更したことで、メタバースの概念の一翼を担うバーチャル世界・拡張世界に対する投資家の関心が再び高まっていると見られています。

その一方、業界関係者は「VRのベンチャー資金増加の原因をキャッチーな言葉である『メタバース』に求めるのは簡単で便利ですが、この分野への新たな関心はもっと深いところにある」とコメントしています。

本ニュースの詳細はこちら:
2021年第4四半期はVR/ARへの投資が過去最多に メタバース以外の要因も
https://www.moguravr.com/crunchbase-metaverse-survey/

GoogleがFoxconn子会社のメタバース関連ファンドに約454億円を投資

台湾の鴻海科技集団(Foxconn Technology Group)の子会社である樺漢科技(Ennoconn)は、Googleから約454億円の投資を受けたことを発表しました。両社は、メタバース・プラットフォームに向けたソフトとハードの統合を目指すとのこと。

FoxconnはこれまでにもGoogle関連ではスマートフォン「Pixel」シリーズやサーバー向け部品を製造していました。アナリストらは今回の投資について、両社が連携を深め、メタバース分野でともにイノベーションを起こす計画であることを意味すると解釈しています。

本ニュースの詳細はこちら:
GoogleがFoxconn子会社のメタバース関連ファンドに約454億円を投資
https://www.moguravr.com/ennoconn-investment/

MRデバイス「Magic Leap 2」のスペックが一部明らかに。独自OSを廃止しAndroidメインに移行

Magic Leap社が開発中の次世代MRデバイス、「Magic Leap 2」のスペックが一部判明しました。重量は248gと前世代機より約20%軽量化し、OSを独自OSからAndroidOSに変更します。アイトラッキングや視野角の縦方向への強化に加え、新たに動的調光機能(Dynamic Dimmingを搭載しています。現実世界の光の通過率を調整することで、ARデバイスの性質上黒色を表示できない問題を克服。屋外でも暗い部屋の中でオブジェクトを視認することが可能としています。

現時点では発売日などは明らかにされていませんが、医療・製造・軍事といった企業パートナー向けに早期アクセスプログラムがスタートしています。

本ニュースの詳細はこちら:
MRデバイス「Magic Leap 2」のスペックが一部明らかに。独自OSを廃止しAndroidメインに移行
https://www.moguravr.com/magic-leap-2-3/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第295回

Xiaomiがカメラとディスプレイ搭載のスマートグラス発表、価格は約48,000円から

2022/8/8
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第294回

「Meta Quest 2」が価格改定、税込59,400円に。円安や製造コスト増加を受け

2022/8/1
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第293回

GoogleがついにARデバイスのプロトタイプテストを開始、8月に米国で

2022/7/25
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています