TOPサーバ構築・運用> SGLXの共有ストレージ接続構成とストレージパスのフェールオーバー




改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - クラスタ編
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - クラスタ編

第1回:LinuxでもHAクラスタ

著者:日本ヒューレットパッカード  古賀 政純   2006/12/25
前のページ  1  2  3
SGLXの共有ストレージ接続構成とストレージパスのフェールオーバー

   SGLXの共有ストレージ接続はホストバスアダプタ、スイッチ、ストレージコントローラ、ストレージパスのすべてを冗長構成にします。

   クラスタノードのPCIスロットにホストバスアダプタを2枚接続し、各ホストバスアダプタはそれぞれ冗長構成されたFibre Channelスイッチに接続します。スイッチと共有ストレージ間も冗長パスを持っており、Fibre Channelスイッチの1つに障害が発生しても共有ストレージへのパスは確保されます。さらに共有ストレージに搭載されたコントローラも冗長構成になっており、コントローラに障害が発生した場合でも共有ストレージへのパスを確保するようになっています。

   以上のことから、ホストバスアダプタ、スイッチ、共有ストレージコントローラの冗長構成によってノードとストレージ間における単一障害点を排除しています。SGLXでは、冗長構成されたホストバスアダプタのドライバとして、OSに添付されている標準のドライバではなく、HP製のQlogic failoverドライバを使用します。

SGLXで推奨されるネットワーク構成とNICのフェールオーバー

   クラスタノードはお互いのノードの生死監視専用のハートビートLANとネットワークサービスが利用するLAN(一般にはサービスLANやユーザLAN、データLANなどと呼びます)を構成します。SGLXにおけるサービスLANのNICはbonding構成を強く推奨します。サービスLANをbonding構成にしないクラスタは可用性が低下するためです。

   さらにSGLXではハートビートLANの冗長構成として、サービスLANとハートビートLANを兼用し、ハートビートパケットはハートビート専用LANとサービスLANの2つに流れます。ハートビートLANとサービスLANは別セグメントに構築することが推奨されており、別セグメントのLAN上にハートビートパケットを流すことによって、ハートビートLAN自体の冗長構成を実現します。

   これにより、ハートビートLANの1つに障害が発生したとしても、クラスタノード間のハートビートは保たれ、クラスタノードの生死監視は継続します。SGLXではハートビート専用LANに障害が発生しても別セグメントでハートビートLANが生きている限りクラスタは稼動し続けます。ハートビートのパケットをどのネットワークインタフェースで送受信するかは、クラスタ構成ファイルとよばれるテキストファイルに記述します。

   SGLXにおけるNICの通信に関するフェールオーバー機能は、Linux上で動作するbondingドライバが担当します。最近のエンタープライズ用途のLinuxディストリビューションの多くはOS標準でbondingドライバを持っています。bondingドライバを持たない比較的古いディストリビューションでは、HP製のbondingドライバをインストールしていましたが、現在はOSが標準で持つbondingドライバを利用してSGLXの冗長LAN構成を組むことが可能となっています。

Serviceguard for LinuxにおけるNICのフェールオーバー
図2:Serviceguard for LinuxにおけるNICのフェールオーバー
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


次回は

   クラスタリングの必要性については省いて、Linuxでのクラスタリングについて説明を進めてきました。今回の説明でも、RHELで行うクラスタがいかに便利かがわかるかと思います。続く次回はクラスタノードについて説明します。

前のページ  1  2  3


日本ヒューレット・パッカード株式会社 古賀 政純
著者プロフィール
日本ヒューレット・パッカード株式会社
古賀 政純

2000年よりUNIXベースのHAクラスタシステム及び、科学技術計算システムのプリセールスに従事。並列計算プログラミング講習会などを実施。その後、大手製造業及び官公庁系の大規模Linuxクラスタの導入、システムインテグレーションを経験。現在は、大規模エンタープライズ環境向けのLinuxブレードサーバ及びHP Serviceguard for Linux(HAクラスタソフトウェア)のプリセールスサポート、システム検証を担当している。毎日、Linuxサーバと寝食を共に(?)しています。


INDEX
第1回:LinuxでもHAクラスタ
  Red Hat Enterprise Linux 4をベースとしたHAクラスタシステムソリューション
  SGLXのクラスタノードのシステム構成
SGLXの共有ストレージ接続構成とストレージパスのフェールオーバー