TOPサーバ運用・構築> rsyncによるデータレプリケーション




Enterprise OS
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - サーバ編

第3回:データレプリケーションとWebサーバの構築の基本
著者:日本ヒューレットパッカード  古賀 政純   2006/6/8
1   2  3  4  次のページ
rsyncによるデータレプリケーション

   今回はRHEL4でrsyncコマンドを使ったデータレプリケーションによるバックアップ環境の構築方法について解説します。

   rsyncコマンドを使ったデータレプリケーションは、LAN経由によるDisk To Diskバックアップとも呼ばれています。これはバックアップ対象のサーバとバックアップサーバがLANで接続されており、バックアップサーバ側はテープ装置ではなくハードディスクにバックアップデータを保管するからです。

   この接続しているLANは、通常だと業務用のLANとは別にバックアップ専用のLANを敷設し、その専用のLAN経由でrsyncコマンドを実行します。

   rsyncコマンドの利点は、なんといっても差分バックアップが可能という点です。

   はじめにフルバックアップを取っておけば、次回以降では差分バックアップを行うためバックアップ時間は初回時に比べて非常に短くなります。そのためデータ容量が大きくても比較的更新の少ない部門サーバでは、rsyncコマンドによる差分バックアップが威力を発揮します。

   rsyncコマンドの他にもLAN経由のDisk To Diskバックアップを行うコマンドとしてrcpコマンドやscpコマンドがあげられますが、これらは差分バックアップの機能を持っていません。そのため常にフルバックアップを取るので、バックアップ時間が膨大にかかってしまいます。

   rsyncコマンドによる差分バックアップは、バックアップ時間を大幅に短縮できることからデータをレプリケーションするという環境において非常に有用なツールといえるでしょう。

   rsyncコマンドによるバックアップはOSがインストールされているシステムディスクにも適用できますが、一般的にはWebサーバのコンテンツやファイルサーバのユーザデータなどに適用します。


rsyncコマンドによってバックアップを行う環境の構築

   それではWebサーバに保存されているWebコンテンツを、rsyncコマンドによってバックアップを行う環境構築の例を示します。このWebサーバには/workにWebコンテンツが保存されており、このディレクトリ配下をバックアップ対象とします。

   今回はWebサーバに対して、LAN接続によるDisk to Diskバックアップを行うとします。Webサーバのホスト名は「BL20pG3Svr」です。バックアップ対象とバックアップ計画を立てた後、バックアップサーバの設定を行います。

バックアップ対象
  1. ホスト名:BL20pG3Svr
  2. Webサーバ上にある/work以下

バックアップサーバ
  1. ホスト名:DL585BackupSvr
  2. バックアップサーバの/data1にバックアップデータを保管

バックアップ計画
  1. バックアップサーバは、土曜日の午前0時0分にバックアップをとるようにスケジュール
  2. バックアップサーバ上からrsyncコマンドにより、Webサーバ上の/work以下をバックアップサーバ上の/data1以下にバックアップ

表1:バックアップ対象/バックアップサーバ/バックアップ計画

1   2  3  4  次のページ


日本ヒューレット・パッカード株式会社 古賀 政純
著者プロフィール
日本ヒューレット・パッカード株式会社
古賀 政純

2000年よりUNIXベースのHAクラスタシステム及び、科学技術計算システムのプリセールスに従事。並列計算プログラミング講習会などを実施。その後、大手製造業及び官公庁系の大規模Linuxクラスタの導入、システムインテグレーションを経験。現在は、大規模エンタープライズ環境向けのLinuxブレードサーバ及びHP Serviceguard for Linux(HAクラスタソフトウェア)のプリセールスサポート、システム検証を担当している。毎日、Linuxサーバと寝食を共に(?)しています。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:データレプリケーションとWebサーバの構築の基本
rsyncによるデータレプリケーション
  バックアップサーバの設定
  Webサーバのシステム構成例
  コンテンツ集約と負荷分散
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - サーバ編
第1回 ブレードサーバとLinux
第2回 HAクラスタとバックアップ
第3回 データレプリケーションとWebサーバの構築の基本
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - インストール編
第1回 Red Hat Enterprise Linuxの概要
第2回 インストールの方法とサポート状況の確認
第3回 インストールとNICの設定
第4回 インストール後に行う設定
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 管理編
第1回 外部ストレージの設定と運用について
第2回 RHEL4におけるユーザ管理
第3回 RHEL4におけるシステム管理とSIMについて
第4回 RHEL4におけるOSのチューニング
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - 管理ツール編
第1回 現実路線のサーバ管理ソフトウェア
第2回 手軽なWeb管理ツールと強力な専用ツール
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - ネットワークサービス編
第1回 Webサーバの基本「Apache」
第2回 3つのファイルサーバ「NFS & FTP & Samba」
第3回 IPアドレスを管理する「DHCPサーバ」と通信の橋渡し「NATルータ」
第4回 NATサーバに必要なファイアウォール設定とデータベースサーバ、メールサーバ
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - バックアップ編
第1回 オープンソースMondo Rescueによるバックアップ手法
第2回 NetVault for Linuxを使ったバックアップ
改めて知っておきたいRed Hat Enterprise Linux 4 - クラスタ編
第1回 LinuxでもHAクラスタ
第2回 Serviceguard for Linuxでクラスタ環境の管理