TOP調査レポート> MIRACLE LINUXの特徴




Linuxディストリビューション
Linuxディストリビューション比較

第4回:MIRACLE LINUX

著者:市民電子情報網  安田 幸弘   2006/11/15
1   2  3  次のページ
MIRACLE LINUXの特徴

   MIRACLE LINUXの最大の特徴は、日本で開発されたサーバ用ディストリビューションという点にある。

   数あるサーバ用途向けディストリビューションの中でもMIRACLE LINUXはOracleデータベースとの親和性が高く、データベースを中心とした基幹業務の分野で高い安定性と性能を実現する工夫がなされている。これはMIRACLE LINUXの開発者がOracleデータベースの実力を100%発揮するためのノウハウを知り尽くしているからだ。
Oracleデータベースのインストールサポートツール
図1:Oracleデータベースのインストールサポートツール
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   ミラクル・リナックスは、Sambaを使ったWindows互換のファイルサーバに関して、高いノウハウを持っていることでも知られている。

   コンピュータ上で日本語(マルチバイト)を扱う際には混在した文字コードが使われることがあり、さらに外字と呼ばれる規格外の文字の利用も企業によっては不可避であり、これらは大きな問題となっている。確かにSambaは標準的に日本語をサポートしているが、これはミラクル・リナックスからのフィードバックに負う部分が大きい。

   サーバ用途向けのディストリビューションで使われるノウハウは、日本以外の国でももちろん通用する。ミラクル・リナックスは、日中韓の3ヶ国が共同で開発しているディストリビューション「Asianux」にも参画している。

   Asianuxはアジア発のエンタープライズLinuxで、それぞれ独自の開発を行っていた日本のミラクル・リナックスと中国のRed Flagおよび韓国のHAAN Softの3社による共同開発のディストリビューションだ。Red Hat Enterprise Linuxをベースに開発が行われ、各ベンダーがそれぞれのブランドでビジネス展開を行っている。

   各国のLinux事情は国ごとに違いがあるが、シェアの小さいローカルなディストリビューションはベンダーの支持を得にくいという面がある。またそれぞれが別々の製品開発を行った場合、全体的な開発コストは大きなものとなってしまう。

   こうした問題に対してAsianuxは、日中韓の共にマルチバイトの文字を扱うという点から、3つのディストリビュータが同じプラットフォームに注力することで、アジアでの存在感を高めることに成功している。

MIRALCE LINUXはAsianuxに参画している
図2:MIRALCE LINUXはAsianuxに参画している
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  3  次のページ


株式会社市民電子情報網 安田 幸弘
著者プロフィール
株式会社市民電子情報網  安田 幸弘
取締役。主にオープンソースソフトウェアを使用した非営利組織向けのネットワークサービスの提供やサーバの運用/管理を行うとともに、フリーの技術ライターとしてインターネット、サーバ管理などに関して書籍や雑誌記事を執筆している。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:MIRACLE LINUX
MIRACLE LINUXの特徴
  コスト
  管理ツール
Linuxディストリビューション比較
第1回 Linuxとディストリビューション
第2回 Red Hat Enterprise Linux
第3回 SUSE Linux
第4回 MIRACLE LINUX
第5回 Turbolinux