PR

Google、Webアプリの測定・解析ツール「Lighthouse 3.0」をリリース

2018年5月20日(日)

Googleは5月16日(現地時間)、Webアプリケーションのパフォーマンス測定・解析ツール「Google Lighthouse 3.0」をリリースした。

 「Google Lighthouse」は、WebアプリケーションなどのWebページを監査し、さまざまな情報を測定し、解析するオープンソースのツール。Webアプリケーション開発者が開発に当たって品質を向上させることを目的としている。解析したいWebページのURLを入力すると、Webページに対する集中的なテストを実行してパフォーマンスに関するレポートを生成する。

 「Google Lighthouse 3」では、パフォーマンスのスコア計算方法が更新されたほか、監査処理の速度向上、レポートのUIの一新など、複数の機能強化が加わっている。

Google Lighthouseは、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック