PR

Windowsコマンドラインシェル「PowerShell Core 6.1」リリース

2018年9月18日(火)

Microsoftは9月13日(現地時間)、Windowsコマンドラインシェル「PowerShell Core 6.1」をリリースした。

「PowerShell Core」は、異機種混合環境とハイブリッド クラウド用に構築されたオープンソースのクロスプラットフォームコマンドラインシェル。ランタイムとして「.NET Core 2.0」を利用している。Windows、LinuxやMac OS Xで動作するアプリケーションも共通のスクリプトで管理などができる。「PowerShell Core 6.1」では、Windows 10/Server 2019における既存の1900以上のコマンドレットとの互換性が確保されたほか、最新のWindows、Mac OS X、Linuxに対応、大幅なパフォーマンスの向上などが変更点となっている。

「PowerShell Core」は、GitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
PowerShell(GitHub)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック