PR

アシスト、データベース検索、更新ツール「KeySQL」の新バージョンを販売開始

2012年8月8日(水)

アシストは8月7日、フロントエンドツールからデータベース・データの検索や更新を簡単に実行できる「KeySQL」(開発元:テニック)の新バージョン8の販売を開始した。

KeySQLは、難しいSQL文やプログラムは一切必要なく、マウスで検索条件を設定するだけで、使い慣れたMicrosoft ExcelやApache OpenOffice(OpenOffice.org) Calcなどのワークシートにデータベース・データを取り込み、参照、更新、加工が簡単に行えるツール。
読み込み対象はOracle、SQL Server、DB2、Informixなどの商用データベースに加え、アシストが支援サービスを提供するオープンソース・データベースの「PostgreSQL」に至るまで幅広く対応し、様々な業種業態の企業に累計100万本を超える導入実績があるという。

今回提供を開始する新バージョン8では、これまでのKeySQLのコンセプトである「簡単にデータベース・データを利用できる」点はそのままに、VBScript対応、Unicodeのサポート、64bit Windows版への対応、テーブル名や関数名の入力補助機能の追加など、適用範囲の拡大とより柔軟な処理を実現している。

販売価格は、「KeySQL R8.0(検索版)」が33,000円(税別)、「KeySQL R8.0(検索/更新版)」が53,000円(税別)。

「KeySQL」新バージョン8の主な機能は下記の通り。

  • VBScriptに対応 従来の「KeySQLマクロ」よりも柔軟な処理が可能に
  • Unicodeに対応 CSV/XMLへのデータ出力の際に各種文字コードでの出力が可能に
  • 64bit Windowsに対応 32bit版に加え、64bit版に対応。高いハードウェア能力をより有効活用可能に
  • その他 テーブル名や関数名の入力補助機能や取り込み先テーブルに対するフィルター機能などが追加

アシスト
http://www.ashisuto.co.jp/

ニュースリリース
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/info/news/1197652_1217.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

アシスト、データベース検索、更新ツール「KeySQL」の新バージョンを販売開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。