PR

Windows Server 8のPowerShell3.0とIIS8.0

2012年2月21日(火)
工藤 淳

(3)PowerShell ISE

インテリセンスが利用できるなど使いやすくなっています。

画像をクリックすると拡大表示します。

(4)Windows PowerShell Web Access

Windows Server 8の機能追加では[Windows PowerShell Web Access]という新機能が増えています。この新機能について説明していきます。

IISの設定は、一部設定が手動になりますが、完了後ブラウザからアクセスするとログイン画面が表示されます。

注意としてActive Directory Domain Serviceがインストールされ、ドメイン設定しなければログインが行えませんでした。

PowerShellの画面ではバージョンの参照を行っています。TABによる補完もできます。ブラウザベースで動作するので、社外からアクセスして利用することも可能です。急なサーバーの管理にも対応できます。

画像をクリックすると拡大表示します。

PowerShell3.0では、先の記述した7つの強化が図られており、PowerShell2.0よりも便利になっていると考えられます。

Web Server(IIS)

この章ではIISについて少しだけ紹介します。Windows Server 8でIIS8にバージョンアップされています。

[Internet Information Services (IIS) Manager]

画像をクリックすると拡大表示します。

初回起動時に、Microsoft Web Platform Installer(WebPI)へ促されました。ここからもMicrosoftのOSSへの取り組みが見えてきたような気がします。

[Internet Information Services (IIS) Manager]の画面を見ると、UIはIIS7.5をさほど変わった印象はありませんでした。

画像をクリックすると拡大表示します。

IEでアクセスしてみると[IIS8]の文字がちょっとかっこいいです。

画像をクリックすると拡大表示します。

IIS8のマネージャーからの見た目はさほど変わった様子はないが、コンフィグレーションやSSL、NUMAのスケーラビリティがIIS7.5から向上しています。

(参考:IIS sand-boxing and scalability for hosting on modern hardware

札幌でSEとして社内システム運用や構築に携わっています。「INSTALL MANIAX 2009
TETSUJIN64」「INSTALL MANIAX 3 Hyper-V祭り」では決勝に参戦。お菓子が美味しい!北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)のスタッフをしています。
ブログ:技術的な何か。検証ルーム

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows Server 8のPowerShell3.0とIIS8.0 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。