PR

Windows Server 8のPowerShell3.0とIIS8.0

2012年2月21日(火)
工藤 淳

その他の役割と機能について

Windows Server 8では他にも、一部で機能強化や機能が追加されています。紹介しきれないため、一覧を参考ください。

[Roles]
Active Directory Certificate Services Hyper-V
Active Directory Domain Services Network Policy and Access Services
Active Directory Federation Services Print and Document Services
Active Directory Lightweight Directory Services Remote Access
Active Directory Rights Management Services Remote Desktop Services
Application server Volume Activation Services
DHCP Server Web Server (IIS)
DNS Server Windows Deployment Services
Fax Server Windows Server Update Services
File Services  
[Features]
.NET Framework 3.5.1 Remote Differential Compression
.NET Framework 4.5 Remote Server Administration Tools
Background Intelligent Transfer service (BITS) RPC over HTTP Proxy
BitLocker Drive Encryption Server Graphical Shell
BitLocker Network Unlock Simple TCP/IP Services
BranchCache SMTP Server
Client for NFS SNMP Service
Data Center Bridging Subsystem for UNIX-based Applications
Desktop Experience Telnet Client
Enhanced Storage Telnet Server
Failover Clustering TFTP Client
Group Policy Management Windows Biometric Framework
Ink and Handwriting Services Windows Feedback Forwarder
Internet Printing Client Windows Identity Foundation 3.5
IP Address Management (IPAM) Server Windows Internal Database
iSCSI Target Storage Provider (VDS and VSS hardware providers) Windows PowerShell
iSNS Server Service Windows PowerShell Web Access
LDR Port Monitor Windows Process Activation Service
Management OData IIS Extension Windows Search Service
Media Foundation Windows Server Backup
Message Queuing Windows Server Migration Tools
Microsoft Storage Management Service Windows System Resource Manager
Multipath I/O Windows TIFF IFilter
Network Load Balancing WinRM IIS Extension
Peer Name Resolution Protocol WINS Server
Quality Windows Audio Video Experience Wireless LAN Service
RAS Connection Manager Administration Kit (CMAK) WoW64 Support
Remote Assistance XPS Viewer

Windows Server 2008 R2に比べ幾つか機能が増えています。

追加された機能で、個人的に気になっているひとつが[IP Address Management (IPAM) Server]です。

業務上、IPアドレスの管理には悩まされることがあります。IPAM Serverが利用できるようになると管理面でも楽になると考えています。

もう一つ、気になるのはHyper-Vです。今回記事はHyper-V上で検証を行いながら執筆していましたが、仮想ファイルの形式がVHDX形式になりアクセス向上したことで、動作が軽快なっている気がしました。

また、ライブ・ストレージ・モーションのサポートで、仮想マシンを停止させることなくサーバー間の移動が行えるなど、ストレージでも強化され、VMwareに対抗する機能だと思います。

最後に

この章では、PowerShell3.0とIIS8.0と役割・機能一覧を紹介しました。

ネットワークの機能には予想以上の新機能や、強化された部分が多くあります。今後、さらに詳しく紹介されていくでしょう。

インストールマニアックス参加者としてはIISが今後OSSと係っていくのかも大いに気になります。

まとめ

第1回から3回にわたって、「Windows Server 8の基本的な設定手順」としてネットワークの部分を中心に紹介いたしました。

Windows Server 8については、まだまだ紹介されていない機能が多くあります。Hyper-Vが大きく進化したことや、Windows Azureなどクラウドとの連携も話題になってくると考えられます。そして様々な場所で紹介されていくでしょう。

また、現在公開されているDP版からコンシューマープレビュー版になったとき、どのように改良が加えられてくるか期待が膨らみます。

今回、この記事を読んで頂いて、少しでも参考にしていただけたなら幸いです。機会があればまたお会いしましょう。

札幌でSEとして社内システム運用や構築に携わっています。「INSTALL MANIAX 2009
TETSUJIN64」「INSTALL MANIAX 3 Hyper-V祭り」では決勝に参戦。お菓子が美味しい!北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)のスタッフをしています。
ブログ:技術的な何か。検証ルーム

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています