PR

競技部門1位のチームメンバーが解説する、ETロボコンの攻略ポイント(前編)

2013年4月11日(木)
岡嵜 雄平

1. まえがき

1.1. 執筆にあたり

2012年11月14日、パシフィコ横浜にて「ETロボコン2012 チャンピオンシップ大会(以下、CS大会)」が開催されました。

我々のチーム「猪名寺駅前徒歩1分」は競技部門にて見事1位を獲得しました。本記事では、ETロボコン2012への参加にあたり、我々のチームがどのように活動し、競技部門での全国制覇を成し遂げたのかを書き綴ります。

ETロボコン2012を一言で表現すると「楽しかった」です。エンジニアにとって、ものづくりとは本来楽しむべきことであり、ETロボコンは楽しさを実感するための良い機会となるはずです。筆者が本記事を執筆することで、読者の皆様にも「ETロボコンに参加することの楽しさ」が多少でも伝わることを祈っています。

1.2. 本記事の内容と対象読者

本記事は活動記録として執筆します。読者として下記の方々を対象とします。

  • 今後ETロボコンへの参加を考えているチーム
  • これまでもETロボコンに参加しているものの、満足できる結果を得られていないチーム

ETロボコンの概要、競技規約については「ETロボコン公式サイト」を参照ください(尚、ETロボコン2013のトップページに掲載されている画像は、我々のチームの走行体です)。

1.3. チーム紹介

「猪名寺駅前徒歩1分」は、大会出場7度目となる、関西地区内でもいわゆる「ベテランな」チームです。しかし、近年は成績が振わず、関西地区の一部関係者には「本番に弱い、いないち」という不名誉な呼び名も定着するほどでした。チーム名は弊社がJR猪名寺駅の目の前に位置することから、初代メンバーが命名したものです。

2012年度、我々のチームは5名で活動しました。男性3名、女性2名という、ある意味バランスのとれたチームです。弊社は「若手がものづくりの楽しさを経験するための機会」としてETロボコンへ参加しているため、メンバーは入社2年目~5年目の社員で構成されています。

図1:チームロゴ

CS大会出場時、我々のチームを全国へ知らしめるために、チーム初の「ロゴ」を作成しました。チーム名にちなんで駅をモチーフとしたロゴとなっています。

2. 活動の始動

2.1. 前年度の雪辱戦

2012年の「猪名寺駅前徒歩1分」を語る上で、前年度に開催された「ETロボコン2011」の関西地区大会について語らねばなりません。この大会で、我々のチームはスタート直後に転倒・リタイアするという失態を犯してしまいました。

1走目のアウトコースを1位で走破、モデル部門でも上位に入っていただけに、筆者自身、その時に落胆したことは今でも忘れることができません。

そして迎えた2012年。前年の雪辱を誓い、我々のチームは始動しました。

2.2. メンバー集め

ETロボコンへ出場するためには、メンバーを集めてチームを結成する必要があります。正確には一人でも参加可能ですが、我々は社会人チーム、ETロボコンよりも業務が優先です。そのため、「業務が忙しくなった時」にメンバー同士で作業調整できるよう、メンバーの勧誘を始めました。

弊社では毎年3月頃に全社からメンバーを募ります。しかし、筆者は「募集のみで目標人数を集めるのは難しい」と判断し、年末の段階から若手社員への声掛けを始めていました。

結果、ETロボコン2011で悔いを残してしまった、筆者を含む2名と、活動に賛同してくれた3名のメンバーが参加することとなり、無事にチームを結成することができました。

図2:チーム紹介画像

関西地区大会のオープニングにて「最も笑いをとった」であろうチーム紹介画像です。

2.3. キックオフ・ミーティング

メンバーが決定した4月初旬、キックオフを開催しました。キックオフでは、下記内容について説明・話し合いをしました。

各メンバーの自己紹介(名前、入社年度、目標、得意なことなど)

  • ETロボコンとは(公式資料を用いて説明)
  • 昨年度の成績
  • 本年度の目標
  • 今後の活動方法

キックオフをすることにより、初参加のメンバーにも「我々が目指す目標」を認識してもらえたようです。また、各メンバーについて知るという意味で良い機会となりました。

三菱電機マイコン機器ソフトウエア(株)

1989年生まれ。山口県下松市出身。徳山工業高等専門学校卒業。
FA分野における組込みS/Wの設計・開発に従事している。ETロボコン2012では「猪名寺駅前徒歩1分」のチームメンバーとして参加、チャンピオンシップ大会の競技部門にて優勝した。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています