PR

ディズニーやピクチャーズ出身者が手掛けるVR発のCGアニメ「Invasion!」が劇場版へ

2016年10月3日(月)
Mogura VR

ついに週刊VRウォッチも第10回となりました! 今週は、一般の方でも楽しめる最新情報が相次ぎました! カメラ付きスナチャやCGアニメInvasion、そしてVR映像コンテストなど、身近に感じられる情報だと思います。

いつでもスナチャ! Snapchatがカメラ付きサングラス「Spectacles」を発表

SNSアプリ「Snapchat」をリリースしているSnap Inc.社は、新たにSnapchatに投稿する動画を撮影できるサングラス「Spectacles」を発表しました。SnapchatはAndroid/iOS向けに配信中のSNSアプリで、写真や動画を加工したり、フレンドに共有したりできますが、最大の特徴は共有したコンテンツが最長10秒で「消滅」する点です。

今回Snapchat改めSnap Inc.社が発表した製品「Spectacles」は、自分が見たままの景色を動画として撮影できるカメラ付きグラスとなっています。撮影した動画は、BluetoothかWi-Fiを用いてSnapchatに転送されます。つるの部分にある録画ボタンを押すだけで簡単に撮影ができるので、特別なことをせず気楽に撮影できる点が強みとなるでしょう。ウォールストリートジャーナルによると、価格は129ドル99セントで、サイズは1種類、カラーは黒・青緑・珊瑚色の3色があり、発売は今秋を予定しているとのことです。

本ニュースの詳細はこちら:
Snapchat、カメラ付きサングラスSpectaclesを発表
http://www.moguravr.com/snapchat-vr-360/

RICOH THETAで撮影した360度THETA VR映像コンテストを開催! THETA Sの無料貸し出しも

株式会社リコーは、同社が販売する360度カメラ「RICOH THETA」シリーズで撮影した動画・静止画のコンテスト「THETA VR映像コンテスト」の開催を発表しました。コンテストの募集期間は、2016年9月26日(月)から2016年10月26日(水)までで、応募可能な作品は、RICOH THETAで撮影した360度の静止画または動画となっています。募集部門は、「視線の先」部門、「あの感動をもう一度」部門、そして自由部門の3つです。また、コンテスト開催に合わせてTHETA Sの100台無料貸し出しもスタートしているので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

本ニュースの詳細はこちら:
リコー、RICOH THETAで撮影した360度映像コンテストを開催
http://www.moguravr.com/ricoh-theta-360vr/

目指すは次のトイ・ストーリー! ディズニーやピクチャーズの出身者が手掛けるVR発のCGアニメ「Invasion!」が劇場版へ

Baobab Studioが制作したVR用のCGアニメ「Invasion!」が、劇場版となり、映画館で楽しめるようになることが分かりました。この情報は、Baobab Studioとパートナーシップを結んだプロダクションスタジオRoth Kirschenbaum Filmsから発表されたものです。「Invasion!」は、VR向けに制作されたアニメーション作品で、雪原を舞台に、ウサギの主人公が侵略してきた宇宙人を追い払うために動物の仲間たちと力を合わせる…… というストーリーになっています。VRの特性を活かした作品に仕上がっており、ウサギが至近距離まで近づいて覗き込んでくるシーンでは思わずドキッとすることも。同作品の第1章はGear VR、Oculus Rift、HTC Vive向けに配信中のほか、PalyStation VR(ローンチタイトル)、Daydreamにも対応が決定しています。また第2章も、2017年に配信予定です。

本ニュースの詳細はこちら:
目指すは次のトイ・ストーリー VR発のCGアニメ『Invasion!』が劇場版へ
http://www.moguravr.com/vr-cg-invasion/

「Japan VR Summit 2」の登壇者があきらかに 参加受付開始

今年の5月に開催され、500名が来場した国内最大規模のVRカンファレンス「Japan VR Summit」。その第2回目開催に関する報道関係者向け説明会が、9月29日グリー本社で行われました。第2回目となる「Japan VR Summit 2」は、2016年11月16日(水)にロイヤルホテルパークにて開催されます。グリー株式会社と一般社団法人VRコンソーシアムの共催であり、前回に比べて会場の規模も大きくなり、デモブースの展示数も前回の2~3倍が予定されているとのことです。

Japan VR Summit 2」で行われるセッション

Session I :「VR トッププレイヤーが描く2020年のビジョン」
Session II :「世界最大?中国VR市場のポテンシャル」
Session III:「先駆者から学ぶ~VRアトラクション編~」
Session IV:「さまざまな産業におけるVR/ARの活用事例」
Session V :「投資家が展望するVRの収益化」

「Japan VR Summit 2」概要

日時:2016年11月16日(水) 9:00開場 10:00開始(21:30終了)
会場:ロイヤルパークホテル(水天宮)
主催:グリー株式会社、一般社団法人 VRコンソーシアム
運営:Japan VR Summit事務局
参加費:早割(10月25日まで)およびVRC会員料金:32,000円(税込)、正規料金:50,000円(税込)
※申し込みはPeatixから

公式サイト:http://jvrs.org/
Facebook公式アカウント:http://www.facebook.com/JapanVRSummit

本ニュースの詳細はこちら:
「Japan VR Summit 2」の登壇者が発表 参加受付開始
http://www.moguravr.com/jvrs2/

最高のVR開発環境となるか? VR特化のインキュベーション施設「Future Tech Hub」東京に開設へ

2016年9月28日、ブレイクポイント株式会社は、VRに特化したインキュベーション施設「Future Tech Hub(FTH)」を東京に開設することを発表しました。「Future Tech Hub(FTH)」は、日本で最高のVRスタートアップ環境を目指すとし、日本におけるVR開発の支援を行うTokyo VR Startups株式会社と提携。VR関連コミュニティへのアクセス、イベントや体験会の実施、またVR関連ハードウェアなどの環境を24時間365日提供可能とのことです。利用条件も固定デスクプランが月額3万円、フリーデスクプランが月額1万円と、開発者が利用しやすい価格帯で提供。法人登記や会議スペースなどの利用も可能になるようです。

本ニュースの詳細はこちら:
VR特化のインキュベーション施設「Future Tech Hub」東京に開設へ
http://www.moguravr.com/vr-incubation-fth/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第146回

デバイス不要のVR世界を目指す米企業が30億円の資金調達へ

2019/8/19
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第145回

サムスンが「スマートコンタクトレンズ」特許取得 周囲の撮影も可能

2019/8/13
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第144回

VR/AR標準仕様「OpenXR」正式公開へ Oculus等が対応

2019/8/6
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ディズニーやピクチャーズ出身者が手掛けるVR発のCGアニメ「Invasion!」が劇場版へ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。