PR

XMLデータを自由に活用しよう

2008年6月11日(水)
高橋 義博

XMLファイルの要素の属性を指定してみよう

 前のページの場所を指定する方法を踏まえて、属性を指定する方法を説明いたします。まず、すべての子ノードの中から、最初のノードの属性値を指定します。

 サンプルFlaファイルの18行目の内容を「trace(photo_xml.firstChild.firstChild.attributes.url);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から「出力パネル」を表示させますと、図3の「photo_xml.firstChild.firstChild.attributes.urlの指定範囲」の内容が表示されます。指定先を「attributes.url」とすることで、属性(attributes)urlの属性値を指定することができます。

 次に、すべての子ノードの中から、2番目のノードの属性値を指定します。同様に「trace(photo_xml.firstChild.childNodes[1].attributes.url);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から「出力パネル」を表示させますと、図3の「photo_xml.firstChild.childNodes[1].attributes.urlの指定範囲」の内容が表示されます。

 「childNodes」は、配列としてデータが格納されますので、配列の場所を指定してから、「attributes.url」を指定することにより、任意のノードの属性値を指定することができます。

XMLファイルの要素の内容を指定してみよう

 要素の属性値を指定する方法に引き続き、要素の内容を指定する方法を説明いたします。

 まず、すべての子ノードの中から、最初のノードの内容を指定します。サンプルFlaファイルの18行目の内容を「trace(photo_xml.firstChild.firstChild.firstChild.nodeValue);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から「出力パネル」を表示させますと、図3の「photo_xml.firstChild.firstChild.firstChild.nodeValueの指定範囲」の内容が表示されます。

 指定先を「nodeValue」とすることで、要素に囲まれた内容を指定することができます。要素内は、1段階層が下の子ノードとして扱われるため、「firstChild.nodeValue」と指定しています。

 次に、すべての子ノードの中から、2番目のノードの内容を指定します。同様に「trace(photo_xml.firstChild.childNodes[1].firstChild.nodeValue);」と修正して、「Ctrl」+「Enter」から「出力パネル」を表示させますと、図3の「photo_xml.firstChild.childNodes[1].firstChild.nodeValueの指定範囲」の内容が表示されます。

 「childNodes」は、配列としてデータが格納されますので、配列の場所を指定してから、「attributes.url」を指定することにより、任意のノードの内容を指定することができます。

 以上が、FlashコンテンツでXMLファイルを読み込み、データの場所を指定する基本操作になりますが、いかがだったでしょうか。見慣れない用語がたくさん並んでいますので、最初は分かり難いかもしれませんが、記述自体は単純な内容ですので、サンプルを参考にしながら内容を確認してみてください。

 次回は今回の内容をもとに「写真スライドショー」を作成していきます。お楽しみに!

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

XMLデータを自由に活用しよう | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。