PR

【de:code 2016】マイクロソフトがOSSにコミットする? GitHubの国内利用者は50%増加、ほか

2016年5月27日(金)
吉田 行男
日本マイクロソフトは24日からの2日間、都内で開発者向けカンファレンス「de:code 2016」を開催しました。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

今週前半は「30度を超す真夏日が続く」という季節外れの暑さでした。週末に向けて暑さは一段落しましたが、今週発表された3ヵ月予報によると梅雨時期は大雨で、梅雨が明けると猛暑になるようです。できれば、この予報が当たらないことを祈りたいですね。

今週もOSSに関する注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

サイオス、Microsoft Azure上で各種OSSの導入を支援する「OSS on CLOUDインテグレーションサービス」

サイオステクノロジーは23日、OSSを利用したシステムインテグレーションサービス「OSSワンストップソリューション」の新メニューとして、クラウド環境に特化した「OSS on CLOUDインテグレーションサービス」を発表し、その基盤となる「Red Hat Enterprise Linux on Azure導入サービス」の提供を開始しました。OSS on CLOUDインテグレーションサービスでは、企業において必要とされる信頼性の高い情報システムに対して、各種OSSとクラウド環境の導入を支援します。クラウドプラットフォームとしてMicrosoft Azure、OSとしてRed Hat Enterprise Linuxを標準構成として採用し、顧客のシステムに求められる技術検証の支援から設計・構築、基本的な監視や運用支援サービスまでを一貫して提供します。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20160523_758591.html

米ギットハブの日本法人代表が就任会見、「GitHub.comの国内利用者は50%増加」

米国ギットハブ社の日本法人ギットハブ・ジャパン合同会社は19日、同社代表のカントリー・マネージャーに藤田純 氏が就任したと発表し、日本法人設立から約1年経過した現在のサービス展開の進捗や日本市場の位置付けについて説明しました。ギットハブは2008年設立で、ソースコード共有サービス「GitHub」を手掛けており、利用者数は全世界で1,400万人を超えています。藤田氏は「日本は世界で2番目に重要な市場だと認識している。企業向け、個人向けの両製品を中心に事業を拡大していきたい」と話しました。日本法人設立からの約1年間で日本からの利用者数は50%増加し、企業向けのGitHub Enterpriseの利用者数は70%増えているようです。

(参照記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/051901438/

MicrosoftがなぜOSSにコミットする? 開発者イベント「de:code 2016」が開催

日本マイクロソフトは24日からの2日間、都内で開発者向けカンファレンス「de:code 2016」を開催しました。このイベントは今年で3回目で、年々開発者向けのコンテンツが増えています。今年は「Ruby」を開発したまつもとゆきひろ氏や、システム自動構築用OSSフレームワーク「Chef」のVPであるJames Casey氏などによるセッションが行われるなど、OSSに関するセッションが多く見られました。「MicrosoftがなぜOSSにコミットする?」という質問に対して、「Microsoftは古い概念にとらわれない企業ではなく、『我々は世の中の役に立つか否か』という基準で動いている」という説明がありました。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/articles/2016/05/25/ossdecode2016/

Linux Foundation、「Hyperledger Project」の責任者にB・ベーレンドルフ氏を起用

米国Linux Foundationは19日、「Hyperledger Project」のエグゼクティブディレクターとして、著名なプログラマーで業界のリーダーでもあるBrian Behlendorf氏を起用したと発表しました。Hyperledger Projectはブロックチェーン技術(Bitconを支える重要な技術)に基いたオープンで分散型の企業向け台帳プラットフォームを制定、構築、維持していくためのプロジェクトであり、IBMやIntel、Accentureをはじめとする多数の企業や金融機関が参加しています。

(参照記事:http://japan.zdnet.com/article/35082945/

ブロックチェーン技術mijinの次世代コアCatapult発表、仮想通貨NEMにも採用へ

ブロックチェーン技術を提供するテックビューロとオープンソースプロジェクトNEMが20日付けで提携し、「mijin」を大幅に改良した新型コアエンジンである「Catapult」(コードネーム)を共通で採用することを発表しました。NEMのオープンソースプロジェクトは2014年に発足しています。テックビューロではこのNEMをプライベートブロックチェーン技術にも転用可能ではないかと考え、NEMのコア開発者3名をフルタイム従業員とし、mijinの開発に取り組んできました。

(参照記事:http://jp.techcrunch.com/2016/05/23/techbureau-launch-catapult/

編集後記

今週は、記事でも紹介しましたが、マイクロソフト主催の「de:code 2016」に参加してきました。初めてマイクロソフト主催のイベントに行ったこともあり、大変新鮮でした。至るところで「なぜマイクロソフトがOSSを?」といったプレゼンがあったのが印象的で、なかなか浸透するには時間が必要なのかもしれません。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています