TOP設計・移行・活用> CMSによるサイト更新の「2つの効果」




CMS
最新CMS導入ガイド〜ビジネスCMSの可能性〜

第2回:CMSによるサイト更新
著者:彼方  金子 明敏   2006/2/17
1   2  3  4  次のページ
CMSによるサイト更新の「2つの効果」

   「第1回:CMSとは」で解説した通り、CMS導入の最大のメリットは、「誰もが簡単に、安全・正確に、付与された権限に応じて、目的のサイトを更新できること」です。

   そしてその帰結として、複数の多様なWebサイトをブランドやガイドラインを保ちつつ、各部署・部門で制作・運営することが可能になります。

   つまりCMSは、サイト更新作業に次の2つの効果をもたらします。

  1. サイト更新の作業そのものが、簡易化・効率化します
  2. CMSで日々サイトを更新することで、情報鮮度が向上し、サイトの価値が高まります

表1:CMSがサイト更新作業にもたらす効果

   今回は特にこの前者について、彼方株式会社のCMS「ALAYA」の操作画面の例をもとに具体的に紹介していきます。


更新対象のサイトとワークフロー

   それでは、図1のような架空のWebサイト「平成市ホームページ」の更新作業を例に説明していきましょう。

今回更新する架空のサイト「平成市ホームページ」のトップページ
図1:今回更新する架空のサイト「平成市ホームページ」のトップページ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   「平成市ホームページ」のトップページには新着情報の一覧とカテゴリーごとのナビゲーションが用意されています。

   CMSでコンテンツページを編集・公開する際に、この新着情報も自動的に更新することができます。

   図2はトップページの目的別カテゴリー「働く」に分類されている更新情報一覧のページです。

目的別カテゴリー「働く」のページ例
図2:目的別カテゴリー「働く」のページ例
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   CMSでコンテンツページを編集・公開する際に、そのページのカテゴリーを「働く」と指定している場合には、このページも自動的に更新することができます。

   今回は図3のようなコンテンツページをCMSで編集・公開し、図1、2の一覧に自動的に反映させるための作業を行っていきましょう。

「平成市ホームページ」コンテンツページの例
図3:「平成市ホームページ」コンテンツページの例
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   ビジネス系の多くのWebサイトでは、「制作 → 承認 → 公開」という一連のワークフローにそってコンテンツの更新作業を行います(図4)。

「平成市ホームページ」のワークフロー
図4:「平成市ホームページ」のワークフロー

   今回もこのフローに従ってコンテンツの更新作業をしていきましょう。

1   2  3  4  次のページ

彼方株式会社
1995年よりWebマガジン「teleparc:テレパーク」(運営:富士通)の企画・制作・運営を行っていたテレパーク編集部が母体となり2001年に独立。企業・自治体サイトから中田英寿オフィシャルホームページといったエンターテインメント系サイトまで、自社製CMS を主軸にきめの細かいソリューションを提供中。
http://www.kanata-jp.com/

彼方コンテンツマネジメントシステム「ALAYA(アラヤ)」
10年以上にわたるWebサイト構築・運営経験を元に、制作現場のニーズを反映し開発したコンテンツマネジメントシステム。Webサイト運営の効率化はもとより、アクセシビリティ・コンプライアンス・情報セキュリティといった近年のWebサイトに求められる要件にお応えします。
http://www.kanata-jp.com/product/index.html

彼方株式会社  金子 明敏
著者プロフィール
彼方株式会社  金子 明敏
1995年から10余年にわたるWebサイト構築・運営のノウハウを活かし、自社開発したコンテンツマネジメントシステム「ALAYA」のプロダクトマネージャ。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:CMSによるサイト更新
CMSによるサイト更新の「2つの効果」
  制作
  本文テキストの入力
  承認
最新CMS導入ガイド〜ビジネスCMSの可能性〜
第1回 CMSとは
第2回 CMSによるサイト更新
第3回 ビジネスで使うCMSの最新トレンド 〜 前編
第4回 ビジネスで使うCMSの最新トレンド 〜 後編
第5回 事例からみるCMSの導入効果
第6回 CMSの拡張と可能性