PR

「OpenSSL 1.1.1、1.0.2」にバッファオーバーフローの危険がある脆弱性

2019年12月9日(月)

OpenSSL.orgは12月6日(現地時間)、「OpenSSL 1.1.1、1.0.2」にバッファオーバーフローの危険がある脆弱性が発見されたと発表された(CVE-2019-1551)。

今回発表された脆弱性はMontgomery squaring procedureのバグによるもので、悪用されるとバッファオーバーフローの恐れがある。なお、重要度は「Low」となっており、修正版はリリースされていない。ただし、Linuxベンダーにより手が加えられているケースもあり、ユーザは情報を確認の上、アップデートなどを施すことが推奨される。

この脆弱性の影響を受ける可能性があるバージョンは「1.1.1-1.1.1d」「1.0.2-1.0.2t」となっている(1.0.1およびそれ以前のバージョンはサポート終了)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Security Advisory

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック