PR

参加者全員がAmazonギフト券をもらえる『インストールマニアックス』にエントリーせよ!

2012年10月30日(火)
Think IT編集部

Think ITでおなじみのインストールマニアックスが、いよいよ本日より応募受付を開始しました。今回は、参加者全員が¥15,000のAmazonギフト券を獲得できる特典や、参加の流れについて簡単に紹介していきます。

“インストールマニアックス”って何?

インストールマニアックスとは、“指定された場所(サーバー・クラウドなど)に、どれだけ多くのソフトウェアをインストールできるか”を競い合うコンテストです。

舞台となるのは、マイクロソフト社のクラウドプラットフォーム「Windows Azure」、ここにどれだけ多くのOSS(オープンソース・ソフトウェア)をインストールできるかを、参加者全員が競い合います。

全員にAmazonギフト券ゲットのチャンス

上位受賞者への豪華賞品はもちろんですが、2本のインストールを完了するだけで、なんと全員にもれなく¥15,000分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

自分には難しそう、と感じた方にも、Windows Azureの使い方からソフトのインストールまで、このThink ITや大会公式サイト上で解説していきますので、初心者でも安心して参加できます。

このチャンスに、ぜひギフト券をゲットしてください!

クリックすると大会公式サイトに移動します

大会参加の流れについて

大会参加の流れは以下の通りです。

  1. 参加エントリー(10/29〜11/19)
    大会公式サイトにアクセスしてエントリーします。
  2. Microsoftアカウントの準備(10/29〜11/26)
    大会に参加するための新規のMicrosoftアカウントを取得します。
  3. チーム結成(10/29〜11/26)
    競技の前に、最大3名までのチームを作りましょう(他の人のチームへの参加も可能です)。
  4. Windows Azureの契約とサブスクリプションIDの取得(11/23〜11/26)
    大会用に新規のWIndows AzureサブスクリプションIDを取得します。取得したIDは公式サイト上で申告が必要です。
  5. 競技期間(11/23〜12/22)
    チームを結成して、ID登録が終わったら、いよいよ競技スタート!できるだけ多くのOSSをインストールしていきます。
  6. 審査期間(2012/12/23〜2013/1/11)
    インストールした本数や各種ポイントを合わせて、各チームの順位を決定します。
  7. 結果発表/表彰式(2013/1/21/2/16)
    大会優勝チーム及び、各賞受賞者を公式サイト上で発表します。

大会終了までのそれぞれの作業については、Think IT上でもひとつずつ解説していきますので、開催期間中はThink ITをぜひお見逃しなく。

その他、ルールや賞品などについて詳しくは、公式サイト(https://maniax.jp)をご覧ください。

2008年からはじまった本大会も、6回目を迎え、ひとまず今回で一区切りとなりますが、「インストールマニアックス・ファイナル 〜そして伝説へ〜」をどうぞお楽しみください!

【参照リンク】

インストールマニアックス・ファイナル 〜そして伝説へ〜

<お知らせ> 一部スケジュールの変更に伴い、記事を修正しました(11.08)

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています