PR

UX導入の舞台裏。システム面ではどのように検討して進めたか 〜北陸コカ・コーラボトリング株式会社検討事例〜

2013年10月18日(金)
渡辺 剛幸

現地で対象顧客を選択

  • GPS情報から社内DBを経由して候補顧客を絞り込みます。
  • 絞り込めた顧客一覧から該当顧客を選択します。
現地で対象顧客の選択

現地で写真撮影

  • 必要な写真を何枚か撮影します。
現地で写真撮影

現地で情報UPLOAD

  • 構築予定では、この段階で各種情報を選択又は入力を行います。
  • 保存と同時に上位系に送信。
現地で情報UPLOAD

事業所のPCで参照

  • 各拠点情報を参照可能。
  • 構築予定では各種営業支援システムと連携して活用する予定です。
事業所のPCで参照

今回の構築事例では、XPLATFORM経験1ヶ月のAさんと、経験3ヶ月のBさんで、Aさん:XPLATFORM 1.0日 JAVA 1.0日、Bさん:XPLATFORM 0.5日 JAVA 1.5日の合計4人日で構築しています。

また、今回は「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」 で構築しましたが、このシステムをiPhoneに移植する時間は、WORA効果により数時間で完了しました。

最後に、今後企業は各種OS、各種端末での利用が想定されるため、フロント側の開発ツールの選定は、ますます重要になってくると考えられます。

特に、携帯端末向けに関しては、端末の開発サイクルが早く、いかに対応をすばやく対応出来るかがポイントになると思われます。

株式会社ヒスコム システム本部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています