PR

AppsのスプレッドシートデータをApp Engineから読み取る

2013年11月13日(水)
清野 克行

前回の第2回までで、Google AppsとApp Engine双方のセットアップが完了したので、今回はいよいよSpreadsheetのデータをApp Engineから読み取るプログラムサンプルを見ていきます。また読み取ったSpreadデータは画面上に表示して内容を確認してみます。

1. MS ExcelをGoogle Driveにアップロードする

図1:Excelシートのアップロードとダウンロード(クリックで拡大)

1.1 ExcelシートをDriveにアップロードする

最初のステップとして、Excelに書き込まれた受注データをDrive上にアップロードします(図1)。アップロードされたExcelは自動的にSpread sheetに変換されます。またDrive上のSpreadsheetをExcelに自動変換してダウンロードすることもできます。

図2:Excelファイルのアップロード(クリックで拡大)

ExcelシートをGoogle Driveにアップロードするのは簡単です。図2の「↑」のマークをクリックしてFilesを選択するとファイル選択のダイアログが表示されるので、ファイル選択後「開く」をクリックすればアップロードされます。また、Folderを選択すればフォルダ内のファイルをまとめてアップロードすることもできます。

図3:アップロード前のExcelシート(クリックで拡大)

アップロードされたExcelシートはDrive上のフォルダで図4のようにxlsxサフィックスのまま表示されますが、これをSpreadsheetに変換します。

図4:DriveへアップロードされたExcelシート(クリックで拡大)

1.2 アップロードされたExcelをSpreadsheetに変換する

Spreadsheetに変換するには、アップロードされたファイルを右クリックして表示されるサブメニューから
Open with -> Google sheet を選択します(図5)。

図5:ExcelからGoogle(Spread)sheetへの変換(クリックで拡大)

選択によって、図6のように連載で使用するスプレッドシートが表示され、フォルダでの表示も図7のようになります。TITLEでマークが付いているサフィックスのないファイルがSpreadsheetです。

図6:変換後のSpreadsheet表示(クリックで拡大)
図7:変換後のフォルダ表示(クリックで拡大)

ここで、Excelシートで定義されたマクロ(VBA)は、Spreadsheetでは無効になりますが、関数定義は有効です。

図8:1行目合計欄の関数定義(クリックで拡大)

例えば図8のExcelでは1行目の合計欄に「=sum(C2:F2)」が定義されていますが、この関数定義はアップロード後のSpreadsheetでも有効です。

有限会社サイバースペース
慶應義塾大学工学部電気科卒。日本IBM、日本HPなどにおいて、製造装置業を中心とした業務系/基幹業務系システムのSE/マーケティングや、3階層C/Sアーキテクチャによる社内業務システム開発などに携わる。現在は、Ajax/Web 2.0関連のセミナー講師/コンサルティング、書籍執筆などを行っている。情報処理学会会員。http://www.at21.net/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています