PR

Unityを使ったキャラクターと人体の同期(前編)

2014年10月1日(水)
薬師寺 国安

パッケージファイルのインポート

インポートするファイルは、「KinectForWindows_UnityPro_PublicPreview_1409.zip」を解凍してできたフォルダ内にある、「KinectForWindows_Unity_1409 (Pro Only).unitypackage」とUnityちゃんのページでダウンロードした[unityChan.unitypackage」の二つです。
ここで、注意すべき重要な点があります。上記2つのファイルは、深いフォルダ内に配置しておくとインポートがうまく実行されません。これらのファイルは、C:ドライブの直下に置くのを推奨します。ここならば、これらのファイルをダブルクリックするだけでインポートが開始されます。本来ならUnity4の画面からインポートができるのですが、まだUnity4の操作方法を知らないことを仮定して書いていますので、直接ダブルクリックしてインストールします。

まず、「KinectForWindows_Unity_1409 (Pro Only).unitypackage」をダブルクリックします。起動しているUnityの中に図6の画面が表示されます。「Import」をクリックします。

図6: 「KinectForWindows_Unity_1409 (Pro Only)」のインポート画面が表示された(クリックで拡大)

インポートが完了すると、「Project」内にフォルダとファイルが追加されます(図7)。

図7: 「Project」内にKinectに関するフォルダが追加された

次に、この「Kinect」フォルダ内にKinectForWindows_UnityPro_PublicPreview_1409.zip」を解凍してできたフォルダ内にある、「KinectView」フォルダ内の2つのフォルダ(Materials、Scripts)と1つのファイル(MainScene.unity)をドラッグ&ドロップしてください(図8)。

図8: これらのファイルをUnity内の「Kinect」フォルダにドラッグ&ドロップする(クリックで拡大)

Unityの「Kinect」フォルダ内にフォルダとファイルが追加されます(図9)。

図9: 「Kinect」フォルダに追加された内容(クリックで拡大)

続いてC:ドライブの直下に配置した、「unityChan.unitypackage」をダブルクリックします。「Decompressing」に多少時間がかかり、「UnityChan」の「Import」画面が表示されます(図10)。

図10: UnityChanのインポート画面が表示された(クリックで拡大)

マシンのスペックにもよりますが、「Hold On」までに多少時間がかかります。「Hold On」が表示されても全てインポートされるまでには、若干時間を要します。全てインポートされると「Project」内にUnityChanに関するフォルダとファイルが追加されます(図11)。

図11: UnityChanに関するフォルダとファイルが追加された(クリックで拡大)

ここまでの作業で、UnityでKinect v2を動かすのに必要なファイルと、Unityちゃんに関するファイルのインポートは完了です。

次にUnityの画面構成を紹介しましょう。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています