PR
連載 :
  ReadWrite Japan

Nokiaの新たな挑戦、AIアシスタント「Viki」誕生間近か

2017年2月2日(木)
ReadWrite Japan

NokiaがSiriやGoogle Now、Cortanaに対抗するためのパーソナルアシスタント開発に取り組んでいるかもしれない。

フィンランドのネットワーク大手である同社によると、「Viki」はあらゆるデータソースを単一の音声インターフェイスに集約するものだというが、それがパーソナルアシスタントであるかについては明らかにしていない。

現在、「Viki」はNokiaが次に出すAndroidのフラッグシップモデル Nokia8でお披露目になるのではないかと噂されている。

「Viki」がAndroid端末に搭載されることになれば、Google NowやAssistantと争うことになる。GoogleのこれらのアプリはすべてのAndroid端末に搭載されているものだ。熾烈な競争が繰り広げられることだろう。

パーソナルアシスタントはどれも未成熟である

パーソナルアシスタントは未成熟な段階にあり、ほとんどのユーザはSiriやGoogle Nowを日常的には利用していない。Vikiが頭角を表すためには、ユーザの携帯の使い方を変えるようなかけがえのないサービスとなる必要がある。

Nokiaにもそれを成し遂げられる可能性はあるが、AIについてGoogleやMicrosoftがすでに手に入れているような知見を持っているわけではない。

Nokiaは携帯部門を84億ドルで売却したMicrosoftから、Cortanaと競合しない様釘を刺されるかもしれない。MicrosoftはNokiaの携帯に関する動きを気にしていると言われており、パーソナルアシスタントをリリースするとなると少々やりすぎの感もある。

また、AIアシスタントといえば、その“性差別”が話題になることがある。音声はデフォルトの女性から男性に切り替えることができるが、その名前がNokiaの「Viki」やAmazonの「Alexa」など、明らかに“女性らしい”ところが関心を集めることもあるようだ。

DAVID CURRY
[原文4]

※本ニュース記事はReadWrite Japanから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています