PR

Ajax開発の未来

2008年5月30日(金)
林 俊之

PC以外の端末でもAjax

最近では、AjaxテクノロジはPC以外の端末でも積極的に使われています。最も普及してるハードの1つは任天堂のWii(http://www.nintendo.co.jp/wii/features/internet/index.html)でしょう。インターネットチャンネルではOperaブラウザを搭載しているので、今時のAjaxアプリケーションはほぼ問題なく動作するようです。Google MapやGmailも問題なく動きます。またWii自体がPS3やXBoxとは対照的にシンクライアント的な発想で作られているため、ブラウザを除いてもAjax的なハードウェアと言えうことができると思います。

au one ガジェット(http://www.au.kddi.com/auone_gadget/)は携帯の待ち受け画面に登録できるミニアプリケーションです。ブログやSNS、Webメールなどの最新情報を待ち受け画面に表示することができます。これもAjaxテクノロジで構成されています。エンジンはWiiと同様にOperaを使用しているようです。

また、chumby(http://www.chumby.com/)のような面白い端末が米国で発売されています(図3)。内部的にはFlash Lite 3.0を搭載した無線LANを搭載した小型のLinux端末なのですが、自由にガジェット(chumbyではwidgetと呼んでいます)を登録(http://www.chumby.com/guide)することができ、自分の好きなようにカスタマイズすることができます。Flickrから写真を表示したり、RSSを表示したり、YouTubeを表示したりとさまざまな使い方ができます。ユーザによって作成されたwidgetも多数公開されており、リアル版iGoogleといったところでしょうか。Flashベースですので、厳密にはAjaxとは言えないもしれませんが、大きな意味ではAjaxテクノロジでできていると言えます。

Webプラットホームの根幹の技術となるAjax

今まで携帯端末はCPUパワーが非力なため、PCのようなAjaxテクノロジを使うとパフォーマンス的な問題がありました。しかし現在では、iPhoneに代表されるように携帯端末の処理能力も向上し、PCと同じとまでは行きませんが、携帯端末でのAjaxはかなり現実的な技術になってきたと思われます。IntelやAMDもモバイル向けのCPU開発は大変力をいれており、今後モバイル機器でのAjaxテクノロジはトレンドとして増えていくと思いますし、取り組む価値のある面白い分野になると筆者は考えています。

このようにAjaxテクノロジはPCの垣根を越えて、Webプラットホーム全体の根幹の技術の1つになってきました。GoogleMapの登場からわずか4年でここまで広がったことは、Webの波及力は強力だと感じます。Ajaxの開発手法はより高度化され、表現もより豊かになり、対象となるデバイスも増えてきましたが、Ajaxの基本概念を忘れず、よりよいサービスの構築するためのテクノロジとして活用していきたいですね。

NTTレゾナント株式会社
So-net、MSNを経て現在gooを運営するNTTレゾナントでデザインエンジニアとして勤務。UIデザイン、HTML開発、JavaScript開発を主軸に仕事中。iGoogleガジェットコンテストで「インプレスR&D インターネットマガジン賞」を受賞。http://www.goo.ne.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています