PR

チーム開発でのファイル管理

2008年5月14日(水)
Jurgen Langner

チーム開発でのSVN環境の管理

 前回は、8名のプログラマから構成されるチームがSubversionソース管理ソフトウェアをセットアップした開発用サーバを使って、コーディング作業を行うことを想定して、そのソリューションを考えてみました。今回はその続きです。

 リポジトリへの接続を確立したら、SVNプロジェクトを作成し、担当のファイルをリポジトリからチェックアウトして、作業用のコピーを作成することができます。自身の環境で作業を開始して、コードセグメントが完成するたびに、それらをリポジトリにコミットすることができます。

 その方法については後で述べますので、まずは、Zend Studio for Eclipseのプレファレンスを利用してSVN環境全体を管理する方法を説明します。

 メニューシステムで「Window(ウィンドウ)→Preferences(プレファレンス)」を順に選択すると、Zend Studio for Eclipseのすべての設定値を制御することができるインタフェースが表示されます。

 具体的には、この例の場合、「Team」というツリーセグメントと、その下に「SVN」というオプションが表示されます。この画面で、Zend Studio for EclipseとSVN環境とのインタラクションに関するさまざまな側面を制御することができます。図1を参照してください。

コメントテンプレート

 この画面には検討すべき多数のオプションが表示されますが、この記事ではその中の1つだけに絞り込んで説明します。

 ここで注目すべき項目は、コメントテンプレートに関するものです。開発者は、コメントテンプレート機能を使用して、事前定義のテキストブロックを作成し、コードをリポジトリにコミットするたびにそれを利用することができます。そのようにして一定の形式のコメントを利用することで、開発チームのメンバー全員が簡単にコメントを見て理解できるようになります。

Zend Technologies
Jurgen Langner is Global Marketing Director at Zend Technologies. In this position he is responsible for Zend’s worldwide Field Marketing Operations. Jurgen primarily focuses on the extension of New Business\\, the positioning of Zend\\, support of the PHP eco system and management of Zend’s large customer base.Jurgen joined Zend as Marketing Director in December 2005 and built up the marketing activities for the national market. Since January 2007 he was additionally responsible for the market communication in Europe\\, Middle East and Africa.

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています