PR

画像形式「PNG」に注目せよ!

2008年12月18日(木)
たにぐち まこと

なぜか使われないPNG形式

 PNG形式は誕生してから既に10年以上たちますが、いまだに使われているWebサイトは多くありません。なぜ、このような不遇な時代を過ごしているのでしょうか。筆者の予想も交えて解説しましょう。

 PNGが発表されたのは1995年ごろです。しかし、このころ主流ブラウザであった、Internet ExplorerやNetscapeはプラグインソフトなしではPNG画像を表示することができませんでした。Flashのように付加価値コンテンツを表示するコンテンツであれば、Flash Playerのインストールを促すことにも抵抗がなかったものの、画像1つを表示するためにプラグインを必要とするPNG形式は、扱いづらく、またGIFやJPEGで十分代用できてしまったのです。

 もともとPNGという画像形式は、GIFの圧縮技術が特許に絡んだ問題で、手軽に利用できなくなるといった危機感から生まれた技術でした。

 しかし、結局その心配は杞憂(きゆう)に終わり、GIFは引き続き無償で、安心して使い続けることができるようになりました。クリエイターにとってはうれしい出来事でしたが、PNG形式は厳しい立場に立たされることになってしまいました。

 PNGは、この後紹介する通りGIFとJPEGのメリットを併せて、さらにさまざまな機能を付け加えた高機能な画像形式です。しかし、あまりにも機能が豊富すぎるために、対応ソフトウエアが追いつけず、使いこなせる画像ツールがほとんど存在しないという状態になってしまいました。現在では書き出したり変換するソフトはいくつかありますが、それでもアニメーションPNG(MNG)などを扱えるソフトは限られています。

 こんな理由から、なかなか使われる機会に恵まれなかったようです。それでは、あらためてPNGについて紹介していきましょう。

PNG形式のいろいろ

 PNGには、扱える色数などの違いで「PNG-8」「PNG-24」「PNG-36」という、それぞれの規格が存在します。簡単に分類してしまえば「PNG-8」は「GIF」と同様の規格で、250色程度の色数を扱え、1色までの透過処理を行うことができます。

 対する「PNG-24」「PNG-32」は「JPEG」に相当し、1,000万色以上の色数を扱えます。JPEGと違うのは「アルファチャンネル」という情報を利用した、複数色の透過処理を行うことができます。また、JPEGが「不可逆圧縮」なのに対し、「可逆圧縮」で情報を圧縮するため、画質をよりキレイに保つことができます。ただし、その分ファイル容量は大きくなってしまいます。

 画像作成ツールに「Fireworks」を利用している方は、「.png」という拡張子に見慣れていることでしょう。実は、Fireworksは画像形式に「PNG」を利用しています。ただし、ここで述べる「PNG」とは若干違っており、Fireworksのそれは「レイヤー情報」やそのほかの付加情報など、通常のPNG形式にはない情報を保存しています。

 そのため、通常のPNGと見分けるために「Fireworks PNG」と呼ばれます。そのままの形式ではWebページで扱うことはできませんので、必ずメニューの「ファイル → 書き出し」から通常のPNG形式に書き出して利用することになります。

株式会社エイチツーオー・スペース
東京代々木でWeb制作業を営む、デザインユニット。「ちゃんとWeb」というコーポレートテーマで、なんとなくキレイ、なんとなく動いているサイトではない「ちゃんとした」サイト作りを心がける。現在は、「ちゃんとWeb.net」や「aquanotes Shop.」などのサイト運営を通じて、Webの運営担当者に啓蒙中。http://h2o-space.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています