PR
連載 :
  ReadWrite Japan

Androidアプリのアップデートは開発者の任意で公開可能に

2015年11月7日(土)
ReadWrite Japan

Marshmallow

Androidアプリの最新アップデートを予測することは、近い将来、容易になるだろう。

デベロッパー向けのサポートドキュメントによると、Google Play上のアプリのアップデートは、デベロッパーの任意で公開日時を設定できるようになった。公開日時が自由に設定できるようになると、企業はプレスリリースやキャンペーンに合わせて公開することが可能となる。

アップデートの日時設定は既に公開されているアプリのみ適用

注意点として、この変更は既に公開されているアプリのアップデートのみに適用しており、これから新しくGoogle Play上に登場するアプリには非対応だ。今後新しいアプリにも公開日時設定をできるように動き始めているようだ。

些細ではあるが、AndroidかiOSを最初に選ぶタイミングで、簡単に公開ができるということはとても重要だ。しばらく前からiOSがデベロッパー手動でアップデートの公開ができるようになっていたため、ようやくAppleとGoogleは足を並べることになった。

Andoroidの進化はスピードアップする?

新しいアプリのApp Storeのレビューに要する時間は平均で7日間となっている。App Storeと比較すると、Google Playは短時間でレビューを済むようシステム化しているだけなく、修正などのアップデートも比較的短時間で済ませることが可能だ。

Andoroidの進化の速度はiOSを凌駕する布石になるだろうか。

Image courtesy of Google

ReadWrite Japan編集部
[原文]

※本ニュース記事はReadWrite Japanから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています