TOPサーバ構築・運用> はじめに




仮想化技術 完全攻略ガイド
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す

第4回:Virtual Serverを理解する(後編)
著者:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生  小野 雄太郎
2006/11/16
1   2  次のページ
はじめに

   前回に引き続き、Virtual Serverの機能について紹介していきます。

VMRC:リモートクライアント

   バーチャルマシンリモートコントロールクライアント(VMRC)は、バーチャルマシンをリモートからコントロールするためのアプリケーションです(図14)。

VMRCを起動
図14:VMRCを起動
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   このVMRCを利用すると、バーチャルマシン上の画面出力を表示できるほか、キー入力やマウス入力を送信することもできます。ネットワーク接続を利用すれば、ゲストOS上のリモートデスクトップ機能などを利用して管理することも可能です。

   さらにVMRCを使えば、OSが起動する前の状態から接続できるのはもちろんのこと、ひとつのバーチャルマシンに複数のVMRCクライアントが同時に接続することも可能です。これはあるユーザーが操作している画面を、ほかのユーザーがVMRCを使って同時に見ることができるので、Virtual ServerのゲストOSをトレーニングなどに利用する際に便利に使えます。


バーチャルマシン追加機能

   バーチャルマシン追加機能は、ゲストOSにインストールするアドイン機能です。ゲストOSにバーチャルマシン追加機能をインストールすることで、仮想環境で動作するゲストOSの動作を最適化し、ゲストOSのパフォーマンスを改善できます。

   このバーチャルマシン追加機能には仮想環境用のデバイスドライバーなどが含まれており、追加機能をインストールすることでパフォーマンスの改善以外にもホストOSとの時刻の同期やVMRCでのマウスコントロール改善などが実現されます。ゲストOSを構成したら、このバーチャルマシン追加機能も忘れずに導入することが推奨されます(図15)。

バーチャルマシン追加機能をインストール
図15:バーチャルマシン追加機能をインストール
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   このバーチャルマシン追加機能は、Windows向けバージョンのほか、Virtual ServerのWebサイトからLinux向けバージョンも提供されています(注2)。


1   2  次のページ


慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生 小野 雄太郎
著者プロフィール
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生   小野 雄太郎
Microsoft MVP for Windows Server - Networking, Jan 2004 - Jan 2007.
1982年生まれ。エンタープライズネットワークやIPv6といったネットワーク技術のほか、Windows Server Systemの設計や運用などを独学で習得。幅広い分野をひとりでカバーする。MCSEをはじめCCDA/CCNAといったベンダー資格も多数保有する。2004年より慶應義塾大学に在籍中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:Virtual Serverを理解する(後編)
はじめに
  リソース制御機能
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す
第1回 Virtual Server 2005 R2概要
第2回 Virtual Serverのインストール
第3回 Virtual Serverを理解する(前編)
第4回 Virtual Serverを理解する(後編)
第5回 評価環境の構築
第6回 バーチャルマシンの複製
第7回 Active Directory環境の準備
第8回 Windows Vistaの評価