TOPサーバ構築・運用> Virtual Serverをインストールする




仮想化技術 完全攻略ガイド
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す

第2回:Virtual Serverのインストール
著者:慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生  小野 雄太郎
2006/11/14
1   2  次のページ
Virtual Serverをインストールする

   今回は、実際に Virtual Server で仮想環境を構築するための準備として、VirtualServerをインストールしてみたいと思います。

ダウンロード方法

   Virtual Server 2005 R2が無償製品になったことで、現在ではMicrosoftのWebサイトからVirtual Server 2005 R2Enterprise Editionがダウンロードできるようになっています。

   Virtual Serverをダウンロードするためには、Virtual Serverの製品Webサイト(注1)へアクセスし、メニューバーの「ダウンロード」リンクからVirtualServerのダウンロードページを開き、32bit版(x86 Edition)か64bit版(x64 Edition)をダウンロードします。ダウンロードしたファイルを実行すると、Virtual Serverのインストールを開始できます。



インストール

   Virtual Serverのインストーラを起動(図4)すると、使用許諾契約の受諾、ユーザー情報の入力に続き、インストールするコンポーネントの選択があります。

インストーラを起動
図4:インストーラを起動
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   ここでインストールするコンポーネントを決定すると、さらにWeb管理コンソールを導入するIISサイトの設定(Windows XPの場合は固定されています)と、管理コンソールにアクセスするためのWindowsファイアウォールの設定があります。すべてを決定するとVirtual Serverのインストールを開始できます(図5)。

インストールを開始
図5:インストールを開始
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   Virtual Serverのインストールが完了するとインストール結果が表示され、そのままWeb管理コンソールにアクセスしたり、各種のドキュメントを読んだりできます(図6)。もちろんスタートメニューからもアクセスできます。

インストール完了
図6:インストール完了
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  次のページ


慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生 小野 雄太郎
著者プロフィール
慶應義塾大学環境情報学部(SFC)学部生   小野 雄太郎
Microsoft MVP for Windows Server - Networking, Jan 2004 - Jan 2007.
1982年生まれ。エンタープライズネットワークやIPv6といったネットワーク技術のほか、Windows Server Systemの設計や運用などを独学で習得。幅広い分野をひとりでカバーする。MCSEをはじめCCDA/CCNAといったベンダー資格も多数保有する。2004年より慶應義塾大学に在籍中。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:Virtual Serverのインストール
Virtual Serverをインストールする
  IISが必要
Virtual Server 2005 R2で次期Windows Server環境を試す
第1回 Virtual Server 2005 R2概要
第2回 Virtual Serverのインストール
第3回 Virtual Serverを理解する(前編)
第4回 Virtual Serverを理解する(後編)
第5回 評価環境の構築
第6回 バーチャルマシンの複製
第7回 Active Directory環境の準備
第8回 Windows Vistaの評価