TOP業務システム> グループウェアからコラボレーションポータルへ進化した「Groupmax」




徹底比較!!グループウェア
徹底比較!! グループウェア

第6回:社員のコミュニケーション革命を促す「Groupmax Collaboration」

編者:ThinkIT
協力:日立製作所   2007/3/13
1   2  3  次のページ
グループウェアからコラボレーションポータルへ進化した「Groupmax」

   企業のオフィス環境ではワークスタイルの変革が起こりはじめている。

   例えば、ビジネスのボーダレス化やユビキタスを実現するパーソナルな情報機器の発達による変化がある。また1人1人が持っている様々な業務ノウハウを「組織」の枠を越えて活用したナレッジマネジメントによるワークスタイルなどである。その一方で、企業においては「情報漏洩防止対策」や「内部統制」への対応も重要な要素になってきている。

   このような変化に対して、日立製作所のGroupmaxは「グループウェア」から「コラボレーションポータル」へと進化している。

   コラボレーションポータル「Groupmax Collaboration」は、グローバルなビジネスフィールドを想定して、適切かつセキュアな環境で利用可能だ。また場所と時間を選ばずに情報にアクセスすることができ、従来の縦型組織をまたいだ横断的な情報共有ができる新しいコラボレーション基盤になっている。
コラボレーションコンセプト
図1:コラボレーションコンセプト


コラボレーションの提供

   Groupmax Collaborationでは、運用管理者の手を煩わすことなく、誰もが自由に「コミュニティ」と呼ばれる任意の組織を結成することができる。「コミュニティ」とはある目的を達成するために集められたメンバーによる協働作業(コラボレーション)を行う組織のことである。

   コラボレーションの場は「ワークプレース」と呼ばれるポータルで行う。ワークプレースはコミュニティごとに作成されるため、コミュニティを運営するために必要なツールは参加者の立場などによって個別にポータル上に配置できる。またワークプレースを切り替えるだけでコミュニティ作業を切り替えることができ、軽快な業務の遂行が可能となる。

コラボレーション機能
図2:コラボレーション機能
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

1   2  3  次のページ



著者プロフィール
協力:株式会社日立製作所  
http://www.cosminexus.com/collabo/index.html


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第6回:社員のコミュニケーション革命を促す「Groupmax Collaboration」
グループウェアからコラボレーションポータルへ進化した「Groupmax」
  情報の統制
  組織を越えた連携と自由な風土の醸成に大きな効果をあげている越前市
徹底比較!!グループウェア
第1回 変革するグループウェア〜普及までの経緯と現在
第2回 情報共有に重点を置いたグループウェア「Lotus Notes/Domino」
第3回 アプリケーション連携によって柔軟な対応ができる「Exchange Server」
第4回 内部統制強化を実現する「StarOffice21」
第5回 受付支援・会議室予約システム「TeamWARE Office 200X」
第6回 社員のコミュニケーション革命を促す「Groupmax Collaboration」
第7回 情報共有の基盤である社内ポータルを実現する「サイボウズガルーン2」
第8回 IP Phoneとの連携で利便性の向上を実現する「desknet's」
第9回 進化するグループウェア