PR

ストレージの容量削減テクノロジ

2010年7月6日(火)
吉田 尚壮

ストレージの無駄も削減する時代

ここまでは、ユーザーが使うデータに着目して、データ容量を削減するテクノロジを解説してきた。以下では、ストレージ装置の容量を削減するテクノロジに目を向けてみよう。

一般的に、サーバーを新規に構築する際、ストレージ容量は、将来のデータ量の増加を見込んで多めに見積もられる。例えば、500Gバイトの容量を使用するアプリケーション・サーバーに対して1Tバイトの容量を割り当てておくという設計がそれに該当する。しかし、多めにストレージ容量を見積もることが、ストレージの使用率を下げる要因にもなっている。

ストレージの容量を効率的に利用するためには、「シン・プロビジョニング(Thin Provisioning)」と呼ぶテクノロジが適している。シン・プロビジョニングとは、ストレージに搭載しているディスクの物理容量を論理的なプール・ボリュームとして構成しておき、必要な容量だけプール・ボリュームからサーバーへ提供する仕組みを指す。

図7に、シン・プロビジョニングの概要を示した。例えば、500Gバイトのデータを使うシステムを考えてみよう。ここで、シン・プロビジョニングを適用すると、ストレージ側ではアプリケーションの使用容量と同じ約500Gバイトだけを消費させつつ、サーバー側では、あたかも1Tバイトのボリュームが存在しているように見せかけることが可能になる。

図7: シン・プロビジョニングの概要

シン・プロビジョニングは、データの増加に合わせて自動的に、ストレージの物理割り当て容量も増える仕組みとなっている。つまり、ストレージは常に、必要最低限の容量だけ消費され、無駄な空き容量が発生しない。ストレージを効率的に利用できる、理想的なテクノロジである。

なお、シン・プロビジョニングの利用中にプール・ボリュームの容量が枯渇した場合は、ディスクを物理的に増設して、プール・ボリュームへ追加すればよい。また、一度ユーザーに割り当て済みのボリュームを削除すると、その容量がプール・ボリュームに戻るため、再利用することもできる。

ちなみに、米EMCのユニファイド・ストレージは、データの圧縮や重複除外だけでなく、シン・プロビジョニング機能も備えている(図8)。SANストレージ(iSCSI、Fibre Channel)としての接続性とNAS(NFS、CIFS)としての接続性を兼ね備えるため、ファイル・サーバーの統合やサーバー仮想化向け共有ストレージなど、各種の用途で利用できる。

図8: ユニファイド・ストレージの概要

今回は、重複除外やシン・プロビジョニングなど、ストレージのデータ削減テクノロジを紹介した。これらのテクノロジを利用する企業は、現在急速に増えている。データ容量が爆発的に増加している状況にあっても、混乱することなく対処できるよう、このようなテクノロジをフルに活用していただきたい。

次回は、ストレージ内で自動的にデータを最適配置する階層化技術を解説し、そのメリットと仕組みを紹介する。

EMCジャパン株式会社 プロダクト・ソリューションズ統括部

外資系通信キャリアでホスティングサービス向けシステム開発/設計や運用技術部リーダ、IT部門マネージャ等を経て、2006年よりEMCジャパン(株)に入社。以来、ミッドレンジストレージ製品を担当するSEとしてプリセールス活動に従事している。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ストレージの容量削減テクノロジ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。