PR

vCenter Lab Managerの導入

2011年9月20日(火)
福留 真二

ホストスパニングトランスポートネットワークの設定確認

ホストスパニングトランスポートネットワークとは、ネットワークフェンシングを利用する際に、複数のESX(i)上に仮想マシンを展開するためのネットワークの設定です。ホストスパニングトランスポートネットワークを設定するには、事前にvSphere上でvDSの設定を完了しておく必要があります。今回の場合、事前にvDSを設定しており、また初期設定時に登録していることを前提にしているので、その登録が完了していることを確認します。vDSではなくvSSを使用しているユーザーは、以下の設定を実施する必要はありません。

[6-1]左ペインで[Resources]を選択し、[Host Spanning Transport Networks]タブをクリックします。初期設定時に設定したvDSが登録されていることを確認します。

図6-1:vDSの登録を確認(クリックで拡大)

以上で確認は完了です。vDSが登録されていない場合は、[Add Transport Network]よりvDSを登録してください。

vCenter 4.1とLab Manager 4.0.2を使用している場合、既知の問題があります。もしも[Hosts]タブで[Activity]の個所に[Error in Enabling Host Spanning]というエラーが表示されている場合は、下記URLの内容を実施する必要があります。

Enabling Host Spanning fails on Lab Manager 4.0.2 attached to vCenter Server 4.1

このURLでは、vCenter上の以下のファイルの1行を修正するように指示しています。この場合、Lab Manager上ではなく、vCenter上であることに注意してください。修正するのは以下のファイルです。

C:\Program Files\VMware\Infrastructure\VirtualCenter Server\locale\ja\fault.vmsg

修正した後、vCenterサービスを再起動し、Lab Managerから再接続し、左ペインで[Resources]をクリックした後[Hosts]タブをクリックします。さらに、ESX(i)を選択し[Repair]を実行することでエラーは解消されます。

物理ネットワークの設定確認

物理ネットワークは、外部と通信できるネットワークです。Lab Managerでは、ESX(i)上の外部と通信できる仮想スイッチを、Lab Manager上の物理ネットワークというオブジェクトに対してマッピングします。この設定もLab Managerの初期設定時に実施しており、ネットワークのvDSをLab Manager上の物理ネットワークとして登録しています。そのため、ここでは物理ネットワークが登録されていることを確認します。

[7-1]左ペインで[Resources]を選択し、[Physical Networks]タブをクリックします。初期設定時に設定した物理ネットワークが登録されていることを確認します。

図7-1:vDSの登録を確認(クリックで拡大)

以上で確認作業は終了です。ほかに物理ネットワークを追加したい場合は、[Physical Networks]タブ画面内の左上にある[New Physical Network]をクリックし、物理ネットワークを追加してください。登録に必要な情報は、初期設定時と同様の情報です。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMwareを中心とした仮想化関連製品のプリセールス、サービスデリバリーに従事。トレーニングやセミナーなどでスピーカーを担当することもしばしば。
最近注力しているのは、VMware vCloud Directorなどクラウド関連製品。慣れない概念や聞いたことのない用語と悪戦苦闘する毎日。地方から出てきたITを使いこなせないアナログSEで苦手なものは機械全般。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています