PR

緊急時に対応する救急指定病院の検索アプリを作る

2013年8月15日(木)
薬師寺 国安

コントロールの配置

ツールボックスからデザイン画面上にScrollViewerコントロールを1個配置し、その子要素としてGridViewコントロールを配置します。
戻る(←)ボタンとなるButtonコントロールを1個配置します。
マウスの右クリックで表示されるバーのAppBarコントロールを1個配置し、その子要素としてStackPanelコントロールを1個配置します。Marginには5を指定して余白を設け、OrientationプロパティにはHorizontalを指定して、オブジェクトのスタック方向を水平方向とします。
StackPanelコントロールの子要素として、さらにStackPanelコントロールを配置し、Marginに5、OrientationにHorizontalと指定します。
子要素としてTextBlockコントロールを1個配置し、Textプロパティに「都道府県選択」と指定します。
次に、最初のStackPanel要素の子要素としてComboBoxコントロールを1個配置します。
さらに最初のStackPanel要素の子要素として、StackPanel要素を1個配置し、Marginに5、OrientationにHorizontalを指定し、その子要素として、WinRTXAMLToolKitのコントロールである、WatermarkTextBoxを1個配置します。
WatermarkTextに「市区町村を入力・・・・・」と指定します。WatermarkTextBoxがフォーカスをもって入力状態になった時は、WatermarkTextの内容は消えます。
最初のStackPanelの子要素として「Yes」ボタンとなるButtonコントロールを1個配置します。

次にAppbarコントロールの次に、WebBrowserコントロールを配置したプロジェクトに遷移するFrameコントロールを1個配置します。

書き出されるXAMLコードをリスト2のように編集します。レイアウトは図4のようになります。

リスト2 書き出されたXAMLコード(MainPage.xaml)

(1)WinRTXAMLToolkitのWatermatkTextBoxを使用しているため(後述)、要素内にControlsという名前空間が定義されています。

(2)プロパティ要素内に、Key名がGridViewTemplateという要素を配置しています。
子要素として要素を配置し、その子要素としてさらに要素を配置します。
背景色にDarkKhakiを指定し、子要素として要素を配置します。
TextプロパティにpubDateをバインドし、文字色にCrimsonを指定します。

さらに、要素を配置し、背景色にDarkGreenを指定します。
その子要素として、要素を配置し、Textプロパティにtitleをバインドします。文字色はGoldとしています。

さらに、StackPanel>要素を配置し、背景色にBeigeを指定します。
その子要素として、要素を配置し、Textプロパティにdescriptionをバインドします。
文字色はNavyとしています。ここでTextプロパティにバインドする名称は、VBコードのクラス内で定義するプロパティ名です。

(3)要素の子要素として、名前がGridView1という要素を配置します。
ItemTemplateプロパティにStaticResourceで(2)で定義したGridViewTemplateを参照させて、指定します。

(4)名前がbackButtonという

(5)名前がAppBar1という要素を配置します。このバーはマウスの右クリックで、表示、非表示を切り替えられます。

(6)要素の子要素として要素を配置します。OrientationプロパティにHorizontalを指定して、オブジェクトのスタック方向を水平とします。

(7)さらに、(6)の要素の子要素として要素を配置し、Marginに5、OrinetationにHorizontalを指定します。
この要素の子要素として、要素を配置し、Textプロパティに「都道府県選択」と指定します。最初の要素の子要素として、prefComboBoxという名前の要素を配置します。
次に、要素を配置し、OrientationにHorizontal、Marginに5を指定します。この子要素として、WinRTXAMLToolkitの名前がWaterTextBox1という要素を配置しています。接頭辞であるControlsは(1)で定義されています。
WatermarkTextプロパティに、「市区町村を入力・・・・・」と指定します。この文言はWatermarkTextBoxにフォーカスが移り、入力する場合には自動的に消えます。

(8)最初の要素の子要素として、名前がokButtonという

(9)「救急指定病院」の情報をWebBrowserに表示するプロジェクトに遷移する、名前がmyFrameという、要素を配置します。

<Page xmlns:Controls="using:WinRTXamlToolkit.Controls" (1)
x:Class="DesignatedHospitalEmergency.MainPage"
xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
xmlns:local="using:DesignatedHospitalEmergency"
xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
  xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
mc:Ignorable="d">
<Page.Resources>(2)
<DataTemplatex:Key="GridViewTemplate">(2)
<StackPanel>(2)
<StackPanel Background="DarkKhaki">(2)
<TextBlock Text="{Binding pubDate}" Padding="5" FontFamily="Meiryo UI" FontSize="20" FontWeight="Bold" Foreground="Crimson" Width="400" HorizontalAlignment="Center"/>(2)
</StackPanel>(2)
<StackPanel Background="DarkGreen">(2)
<TextBlock Text="{Binding title}" Padding="5" FontFamily="Meiryo UI" FontSize="24" FontWeight="Bold" Foreground="Gold" TextWrapping="Wrap" Width="400" />
</StackPanel>(2)
<StackPanel Background="Beige">(2)
<TextBox Text="{Binding description}" Padding="5" FontFamily="Meiryo UI" FontSize="20" FontWeight="Bold" Foreground="Navy" TextWrapping="Wrap" Width="400" AcceptsReturn="True" Height="200"/>(2)
</StackPanel>(2)
</StackPanel>(2)
</DataTemplate>(2)
</Page.Resources>(2)
<Grid Background="{StaticResourceApplicationPageBackgroundThemeBrush}" Margin="82,0,0,0">
<ScrollViewer  Height="758" Margin="10,5,0,5" HorizontalAlignment="Left">(3)
<GridView Height="738" Width="1313" x:Name="GridView1"  FlowDirection="LeftToRight" ItemTemplate="{StaticResourceGridViewTemplate}"/>(3)
</ScrollViewer>(3)
<Button x:Name="backButton" Style="{StaticResourceBackButtonStyle}" Margin="-77,0,0,720"/>(4)
<AppBar Background="DarkGreen" Height="100" Margin="-10,668,10,0" x:Name="AppBar1">(5)
<StackPanel Margin="5" Orientation="Horizontal">(6)
<StackPanel Margin="5" Orientation="Horizontal">(7)
<TextBlock Text="都道府県選択  " FontFamily="Meiryo UI" FontSize="16" FontWeight="Bold" VerticalAlignment="Center"/>(7)
</StackPanel>(7)
<ComboBoxx:Name="prefComboBox" FontFamily="Meiryo UI" FontSize="36" FontWeight="Bold" Width="254"/>(7)
<StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="5">(7)
<Controls:WatermarkTextBoxx:Name="WaterTextBox1" WatermarkText="市区町村を入力・・・・・" Width="450" FontSize="36" FontWeight="Bold" Margin="0,10"/>(7)
</StackPanel>(7)
<Button x:Name="okButton" Style="{StaticResourceYesAppBarButtonStyle}" Margin="0,5,0,0" HorizontalAlignment="Left"/>(8)
</StackPanel>(6)
</AppBar>(5)
<Frame x:Name="myFrame" HorizontalAlignment="Left" Height="768" VerticalAlignment="Top" Width="1284" Margin="-10,0,0,0"/>(9)
</Grid>
</Page>
図4:各コントロールをレイアウトした(クリックで拡大)

「空白のページ」の作成(WebBrowserPage.xaml)

次に、救急指定病院の詳細データをWebBrowserで表示するためのページを作成します。

VS2012のメニューの「プロジェクト(P)/新しい項目の追加(W)」と選択します。「新しい項目の追加」ダイアログボックスが開きますので、「空白のページ」を選択します。「名前(N)」にWebBrowserPage.xamlと入力し、[追加(A)]ボタンをクリックします。

コントロールの配置

ツールボックスからWebBrowserコントロールを1個配置します。名前はWebBrowser1としておきます。

書き出されるXAMLは省略します。レイアウトは図5のようになります。

図5:WebBrowserコントロールを配置した(クリックで拡大)

次に、ソリューションエクスプローラー内のMainWindow.xamlを展開して表示される、MainWindow.xaml.vbをダブルクリックしてリスト3のコードを記述します。

ロジックコードを記述する

リスト3 (MainWindow.xaml.vb)

Option Strict On

最新のHTTPアプリケーション用のプログラミングインターフェイスを提供するクラスの含まれる、System.Net.Http名前空間をインポートします。

Imports System.Net.Http

Imports Windows.UI.Popups

HospitalInfoクラス内に文字列のpubDate、title、description、linkプロパティを定義しておきます。

Public Class HospitalInfo
  Public Property pubDate As String
  Public Property title As String
  Public Property description As String
  Public Property link As String
End Class

Public NotInheritable Class MainPage
  Inherits Page

XMLの要素を表すメンバ変数xmldocを宣言します。

  Dim xmldoc As XElement
  Dim prefName As String
薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています